パソコンの動作速度はレジストリのクリーンアップとデフラグで改善!

シェアする

パソコン

長い間パソコンを使っていると、見えないゴミがハードディスク内部にたまっていきます。ディスククリーンアップでは掃除しきれない場所があります。それがレジストリです。

ウインドウズのプログラムの設計図とでもいうのでしょうか?指令図でしょうか?ウィンドウズや他のソフトなどを関連付けて、どのように動作するのかの情報が組み込まれている場所です。レジストリも定期的におそうじしてあげましょう。

スポンサーリンク

レジストリ内の残骸

不要になったソフトをアンインストールしてもレジストリ内には残骸を残していきます。一度アンインストールしたソフトを再インストールした時に以前の設定がそのまま反映されているのを経験したことがあると思います。これはレジストリに以前インストールしていた時の情報が残っているからです。

ウィンドウズの更新でも残骸が残ります。そういった残骸を取り除いてあげないと読み込みによけいな時間を取られてしまい動作がにぶくなることがあります。

レジストリはパソコンを普通に使っていてもまずさわることがありません。下手にさわるとウィンドウズが動かなくなる可能性があるので上級者向けのメンテナンスであることは間違いありません。

初心者でも簡単にレジストリのおそうじができるソフトがCCleanerCCleanerのレジストリクリーナーという機能です。使い方もいたって簡単です。

「Registry」→「Scan for Issues」を選択

不要と思われるレジストリエントリーがたくさんでてきます。
「Fix selected issues」をクリックするとレジストリのバックアップを取るか聞いてきます。

ねんのため「はい」を選んでバックアップしておきましょう。

「Fix All Selected Issues」をクリックで終了。

今まで使ってきて不具合が出たことは無いのですが、

レジストリはウィンドウズやその他プログラにおける指令図のような物なので、クリーンアップする場合は絶対にバックアップを取っておいて下さい。

下手をするとウィンドウズが動かなくなったり、ソフトの設定がデフォルトに戻ってしまったりします。

CCleanerにはレジストリのバックアップ機能も備わっていて、クリーンアップする前にバックアップするか訊ねてきますので「はい」を選択してバックアップすることをおすすめします。

不要ファイルやウイルス、レジストリの残骸が取り除けたらハードディスク内部はかなりスッキリとしたはずです。

レジストリのデフラグ

レジストリのクリーンアップが終わったら整理整頓をしてあげましょう。

「Glary Utilities」にはレジストリーデフラグ機能が備わっていますので使ってみましょう。

「高度なツール」タブからレジストリのデフラグを選択。

解析が終わったらどの程度レジストリ内がちらかっているか表示されます。

必要な場合は再起動をうながされ、次に立ち上がる時にデフラグ処理が行われます。

再起動時に黒画面に文字がたくさん出てきて時間がかかりますがあせらず待ちましょう。

これはけっこう効果がありますので、ぜひやっておきましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク