動画をまとめてブルーレイディスク化!multiAVCHDの使い方

シェアする

前回はパソコンでブルーレイディスク作成ソフト「multiAVCHD」の導入方法について説明しました。

ブルーレイディスクをPCで作成するmultiAVCHDの導入方法
お気に入りの動画をまとめてディスク化する場合、DVDなら無料ソフトを使って比較的簡単に作成できます。 でも、せっかくのHD画質映像をSD画質に落としたくはないですよね。 H...

今回は実際にネットからダウンロードした動画をmultiAVCHDでブルーレイディスク化する手順を説明します。

スポンサーリンク

multiAVCHDでブルーレイディスクを作成する手順

multiAVCHDはけっこう凝ったメニューを作成したり、チャプターを任意の場所に付けたりできますが、設定は何も変えずに一番簡単に作成する手順を説明します。

1.素材動画ファイルの用意

まずは用意した動画がmultiAVCHDでサポートされているファイル形式なのか確認します。使えるファイル形式は次の通りです。

動画ファイル:MKV/TS, M2TS, MTS/AVI (DivX/XviD/AVC)/H.264 (AVC)/M2V/VC1/MPEG-2 video files/IFO/VOB/EVO/MOD/MOV/MP4/MPLS/MPL

字幕ファイル:SRT, SSA/ASS, PGS, VOBSUB

オーディオファイル:AC3 (TrueHD, EAC3), DTS, DTS-HD (MA/HRA), PCM, LPCM, WAV, MP2, MP3, OGG, VORBIS, FLAC and AAC

詳細はチュートリアルページで確認してください。もし対応していないファイル形式ならエンコードソフトでH.264かMPEG-2形式(オーディオはAC3かAAC形式)に変換しておく必要があります。

ファイル名が日本語だと文字バケしたりすることがあります。

2.ブルーレイディスク・イメージファイル(ISO)を作成

素材が用意できたらmultiAVCHDを起動します。

まず①をクリックして作成されたAVCHDファイルの出力先を設定しておきます。
デスクトップが分かりやすくていいです。

②素材をドラッグ&ドロップで再生順に放り込んでいきます。または、
③「Add video files」をクリックして動画ファイルを選択します。

①をクリック→②作成するメディアを選択→「OK」をクリック。
③でタイトルがグリーンになればそのままでOK。

もし、タイトルが赤くなった場合は「properties」をクリックして
フレームレートや画像サイズ、画質などの修正が必要です。

「Quality/Speed」で画質の選択ができます。
今回は質よりも速さ重視で「1 pass Turbo」を選択。

「Start」をクリック。

「Yes」をクリック。

「Blu-ray Disc」をクリック。

このような画面になり、変換中の動画やメニューが確認できます。
動画の長さ次第ではかなりの時間がかかりますのでこの間に他の用事を済ませましょう。

変換が終了したら軽やかな音楽で知らせてくれます。
「AVCHD」フォルダーのできあがりです。

次にImgBurnを使って、出来上がった「AVCHD」ファイルをISOイメージファイルに変換します。

ImgBurnを起動します。

「モード」→「構築」とクリック。

①「AVCHD」ファイルをドラッグ&ドロップで落とし込みます。
②「出力」→「イメージファイル」とクリック。

③「オプション」をクリック→④「ファイルシステム」は「UDF」、
「UDFリビジョン」はBD-Rなら2.50でBD-REなら2.60を選択。

⑤で出力先を選択。分かりやすいデスクトップがおすすめです。
⑥をクリック。

ここでボリュームラベルを変更できますが、そのままで「はい」をクリック。

最後に内容を確認して「OK」をクリック。
あっという間にISOイメージファイルができます。

3.できあがったISOイメージファイルを再生して確認

できあがったISOイメージファイルをブルーレイディスクに書き込めば完成なんですけど、ブルーレイディスクはDVDより高いので失敗はしたくないです。

書き込む前にちゃんと作成されているか確認しましょう。今回は、対応ファイルが多いことで有名なVLC Media Playerを使います。

使い方は簡単!ISOイメージファイルをVLCメディアプレイヤーに放り込むだけ。

このようにメニューが再生されればOK!ねんのためEnterで再生してみましょう。

ちゃんと再生されることが確認できたらブルーレイディスクに書き込みます。

4.ISOイメージファイルをブルーレイディスクに書き込む

ここでもImgBurnを使います。

「イメージファイルをディスクに書き込む」をクリックするか、
「モード」から「書き込み」を選択します。

①にISOイメージファイルをドラッグ&ドロップで落とし込みます。
②をクリックすると書き込みがはじまります。

書き込みが終われば完了です!ブルーレイプレイヤーなどで再生してみましょう!

スポンサーリンク

少しだけ凝ったものをつくってみる

ここまではメニューなどを入れずに簡単に作成手順を説明しましたが、multiAVCHDは色々と凝ったブルーレイディスクを作成できるので、少しだけ追加で説明します。

チャプターを入れてみる

チャプターを入れていると次のシーンまで飛ばすことができるのでぜひ入れておきたいものです。入れ方は2通りあります。

チャプターの入れ方①

「Author」タブ→「Auto set 12 chapters」にチェックを入れれば自動で12個のチャプターを入れてくれます。

チャプターの入れ方②

①のスライダーを動かしてチャプターを入れたいところで止めます。
②をクリックすると、そのかしょにチャプターが入ります。
③でチャプターを入れた場所の時間が確認できます。
④任意の個数のチャプターを入れ終わったら「OK」をクリック。

メニューを入れてみる

「Author」タブ→①「Create top menu」にチェックを入れメニューの種類を選択。
ウエルカムスクリーンを入れる時は②「Skip welcome screen」のチェックをはずす。
③をクリックでウエルカムスクリーンの確認ができます。

「Menu」タブ→①の「Headline」にディスクのタイトルをいれます。
フォントは日本語フォントにしないとちゃんと表示されません。
②をクリックすると、実際にメニューがどう表示されるか確認できます。
③ではメニューで表示される画像やBGMの変更など細かい設定ができます。

まとめ

今回はあえて比較的簡単な作成方法を説明しました。

multiAVCHDはかなりこまかい設定ができるので、使いこなすまでには時間がかかります。

全部説明していたらキリが無いのでここまでにさせていただきます。ゴメンナサイ🙇

めんどくさいからDVDでいいや!という方はこちら!

透かし無しの無料DVD作成ソフトDVD Flickでディスク作成
最近はネット上にアップされている動画の画質もよくなっていて、テレビの大画面で観たりロングドライブの車中で楽しんだりしたいと思いませんか? ユーチューブなどの楽しい動画をみんな...

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク