Windows10への無償アップグレードは本当にできなくなった?

シェアする

以前「Windows10へ無償でアップグレードできるのか」の記事にてWindows 10への無償アップグレードにはまだ間に合うと案内しましたが、2018年1月25日に調べてみたところ、ダウンロードリンクのボタンが無くなっていました。

スポンサーリンク

障がい者支援技術ユーザーの無償アップグレードは終了

2018年1月の初旬頃まではこのようにアップグレードファイルのダウンロードリンクボタンがありましたが、1/25に行ってみると、

あらら、残念。リンクボタンが無くなっています。ここまできたらいつでもアップグレードできるよにしておいてほしいところではありますが、Microsoftさんにも色々と都合があるでしょうから致し方ないといったところですかね。

今正規版Windows 10を購入しようとすると15,362円もかかっちゃいます。

以前、1度でもアップグレードファイルをダウンロードしたことがあれば、そのファイルがダウンロードフォルダーに残っているかもしれないので調べてみてください。

残っていない場合はおとなしく正規版を購入するか、1度下記の方法を試してみてください。

このような大きな変更をする前には、失敗した時のことを考えて、必ずバックアップをしておいてください。そのうえで自己責任で行っていただきたいと思います。

本当に無償アップグレードはできなくなったのか?

実は、もう一つ無償アップグレードできる方法があり、そちらはまだダウンロードリンクが残っているんです。それがWindows 10 のダウンロードです。

「ツールを今すぐダウンロード」をクリックしてアップグレードします。

アップグレードの手順はWindows10へのアップグレード手順②をご覧下さい。

2016年7月29日の無償アップグレード期間中に1度でもWindows 10にアップグレードをしたパソコンなら無償アップグレードできるハズです。

僕のパソコンは無償アップグレード期間中に1度Windows 10へアップグレードしていたので昨年の12月時点ではライセンスキーの入力を求められる事無く普通にアップグレードできました。

無償アップグレード期間中に1度もアップグレードしていないパソコンでも「このPCにwindows10を再インストールしています」を選べばアップグレードできたという情報もあります。(僕は対象ではないので検証はできませんでした。)

今でも「このPCにwindows10を再インストールしています」を選択できるのかが分からないので、やってみるしかないということになります。

「もし、できれば儲け!」くらいの気持ちで試していただきたいと思います。

ただし、何度もしつこいですがこのような大きな変更をする前には、失敗した時のことを考えて、必ずバックアップをしておいてください。そのうえで自己責任で行っていただきたいと思います。

2018年5月4日に追記


一度もWindows10にアップグレードしたことがないパソコン(Windows7)を上記の方法で無償アップグレードすることに成功しました。

「このPCにwindows10を再インストールしています」という文言は出てきませんでした。

ライセンスもちゃんと認証されています。

時間がある時にトライしてみてはいかがでしょうか?

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事