【ImgGetting】でウェブサイトの画像を丸ごとダウンロード!

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

2020年6月24日追記


ざんねんながらこのページで紹介している『ImgGetting』は2020年3月31日を以って配布終了となっています。

とても便利なソフトなので非常に残念です。


ウェブページを閲覧していて気に入った画像があったときは1枚ずつ右クリックから保存することがあると思います。

これが1~2枚の画像だったらいいけど数十枚とかあったら1枚ずつダウンロードするのは作業効率が悪すぎます。

そこで紹介したいのが『ImgGetting』というフリーソフト!

『ImgGetting』はウエブページ内に表示されている画像を一括してダウンロードできるソフトウェアです。

ソフトにウェブブラウザーを内臓しているので、ワンストップで作業が完了できてとても便利!

ということで今回は『ImgGetting』の導入方法と使い方を説明したいと思います。

スポンサーリンク

『ImgGetting』の導入方法

『ImgGetting』のダウンロードはこちらから。

上記リンク先へ行き「ダウンロード」をクリックすると「imggetting.zip」ファイルがダウンロードされます。

解凍したフォルダーにある「ImgGetting.exe」をダブルクリックしてソフトを立ち上げます。

「ツール」→「オプション」と進みます。

保存先だけは分かりやすい場所に設定しておいて、後はデフォルトのままで大丈夫です。

スポンサーリンク

ImgGettingの使い方

1.目的の画像が表示されているページのURLをコピーしておきます。

2.①にコピーしておいたURLを貼り付けてEnter→お目当てのページを読み込む→②「開始」をクリックすると画像情報が読み込まれます。

③に読み込んだ画像情報がリストアップされます。ファイル名をクリックすると④にプレビューが表示されるので、ダウンロードしたい画像にチェックをいれます。

チェックを入れ終わったら⑤の「ダウンロード」をクリック。

このように個別ファイルでダウンロードされます。

まとめ

場合によってはページを丸ごとスクリーンショットするという方法もありますが、やはり個々のファイルとして使える方が便利ですね。

よほど容量が大きくない限りダウンロードに時間はかかりません。

画像をまとめてダウンロードする時には非常に役に立つソフトです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事