Wish通販で6個の商品を買って分かった6つの事などをまとめてみた!

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

これまで何度か取り上げたことのある怪しい感じの通販サイト(アプリ)の“Wish”

初めて“Wish”を閲覧した時は商品のあまりの安さにビックリしたものです。

これだけ安いとなると売られている商品がまともなのか試しに購入してみたくなるのが人情というもの。

ということで僕も試しに安い商品を6個ほど購入してみました。

その結果分かったのが以下の通り。

①掲載されている有名ブランドの商品はほぼ全部コピー商品
②スマホなど電子機器類のスペックはウソだらけ
③購入前に「商品説明」は辞書を使ってでもちゃんと読むべき
④納期は全くあてにならない
⑤不良品が届いた場合や商品未着の場合はすぐに返金してくれる
⑥ちゃんと使える商品もある

結論、“Wish”は見て楽しむだけにした方がよい。

それではなぜこのように感じたのか、その根拠を説明したいと思います。

スポンサーリンク

“Wish”は見て楽しむだけにした方がいい理由

まずは僕が“Wish”で購入した商品を紹介します。

                 

いわゆるガジェットと言われる小型装置類ばかり6点で、数百円~2,000円程度で売られています。

それぞれの商品について詳しく見ていきましょう!

1.掲載されている有名ブランドの商品はほぼ全部コピー商品

僕が購入しようと考えたブランド品はBluetoothイヤフォンのJabra Elite Active 75t

Jabra Elite Active 75tは通常15,000円前後で売られてるけど、“Wish”ではこの価格。

ただし1,237円は片方だけの値段で、両方だと3,000円くらいだって。

よく読むと商品説明に正直に「高品質模造品」と書いてますね~(笑)

それでもどれほどの音質なのか気になるので商品の到着を待ってましたが、結局この商品は届きませんでした。

カスタマーサポートにその旨を伝えると返金してくれたのでよしとしました。

これは別のJabra Elite 75tっぽい商品だけど、本来マイクが搭載されているところにLEDが付いています。

本物はここにLEDが付いてます。

見た目はそっくりだけど細かいところに目を向けると本物とは異なるところがいくつかあります。

他にも人気ブランドのアイテムが激安価格で数多く出品されているけど公式HPにはこんな商品は掲載されたなかったし、本物ならこんな値段で絶対売ってませんから!

これだけ見てみても“Wish”で売られている有名ブランドの商品は偽物である可能性が極めて高いと考えます。

写真には本物を使っていることもあるので、くれぐれも騙されないように気を付けて下さい。

スポンサーリンク

2.スマホなど電子機器類のスペックはウソだらけ

“Wish”にはスマホ本体も数多く出品されていますが、メーカー名がどれもおかしい(笑)

それでもスペックが表記どうりであれば中々の高性能なんだけど、まぁこの値段でこのスペックはありえませんね。

それを暴いてくれている動画がこちら。

やっぱりね!といった感じ。

        

ぼくが購入したドライブレコーダーもスペックが嘘っぱちで、商品タイトルには1080フルHDと書かれてますが、実際には1280×720の普通のHDでした。

本体設定で1080PのフルHD画質が選択できているように作られているのが逆に凄い!

皆さんは決してだまされないようにして下さいね!

3.「商品説明」は辞書を使ってでもキチンと読むべき

“Wish”に掲載している商品の中には、写真だけで判断するととんでもない物が送ってくる物があります。

   

ネット通販で15,000円~20,000円くらいで売られていそうなこちらのチェアー、送られてくるのはメタルペインティングで、鉄板にチェアーの写真が印刷されているだけの物。

こんな椅子の看板を壁に飾ってどーすんだよ!と突っ込みたくなりますが、商品説明にちゃんと「Product Name : Metal painting」と記載されているので、詐欺とはいえないところがなんとも…

        

同様の手口でMakitaの電動工具なんかもあります。

        

あと売っているのは写真に写っている商品の部品だけですよ!的な物。

商品説明にちゃんと「Package includes : 1×Neck Pillow」と書かれてますのでギリギリセーフ!

スポンサーリンク

4.納期はまったくあてにならない

商品を注文すると到着予定日のお知らせメールが届きますが、予定日通りに到着することは稀で2週間~1か月程度とかなり幅があります。

また結局商品が届かなかった時は国内到着後の配送業者がコロコロ変わるという不可解な経過を辿っていました。

最初から商品を送るつもりが無く、放置して返金請求する機会を得られなくする意図があったのかと思われますが詳細は不明です。

5.不良品が届いた場合や商品未着の時は返金してくれる

僕が“Wish”で初めて注文したのがこのクロノグラフ腕時計でしたが、裏蓋が外れた状態で届きました。

裏蓋はいくらやってもはめ込むことができなかったのでカスタマーサポートに写真を送ったところ、すぐに返金処理されました。

ちなみに商品の返送は不要でした。

また別の商品が1か月経っても到着しないことをカスタマーサポートに連絡したところ、キチンと返金されて「今後に商品が届いた場合は受け取っていただいて結構です」と通知がありました。

カスタマーサポートがちゃんとしているのが唯一の救い。

これでカスタマーサポートまでいい加減だったらだれも“Wish”で商品を購入することは無くなるでしょうね。

6.ちゃんと使える商品もある

それじゃあ“Wish”では絶対に商品を購入すべきではないのかというと、そう言い切ることはできません。

例えばこのApple AirPods ProまがいのBluetoothイヤフォン、音質こそ本物に遠く及ばないものの、機能的にはちゃんとしたものです。

音にこだわりが無ければ十分に使える商品です。

   

こちらのスマートウォッチも玩具っぽい作りではありますが、機能に偽りはありませんでした。

機能をフル活用するたのに怪しいアプリをスマホにインストールしなくてはいけないのと、日本語に対応していないので結局使うことはありませんでしたけど…

まとめ

“Wish”を何度か利用して思ったのが、2,000円以上の商品は購入すべきではないということ。

1,000円以下であればその商品が使い物にならなくてもそんなにへこむことはありませんからね。

また配送料が1,000円近くとられる場合もあるので、そこはキッチリ確認してから注文を確定する必要があります。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事