Windows10へ無償でアップグレードする方法!2018年版

シェアする

僕は去年のWindows 10無償アップグレード期間中に一度アップグレードしたのですが、よく使うソフトが10に対応していなかったためWindows 7に戻してそのままでした。

その後、無償アップグレードは2016年7月29日で終了しました。

ですが、Windows 7のサポートが2020年の1月14日で終了するという情報を受けて、Windows 10にアップグレードしておかなかったことをすごく後悔しました。

正規版を購入しようとしたら1万円以上しますからね。

あきらめきれずに色々調べてみると、どーもまだ無償アップグレードができるらしいことを知りました。

で、さっそくWindows 10へのアップグレードに挑戦してみました。

最初は途中でエラーが出てインストールを完了できなかったので、「やっぱり無理じゃん!」と思いましたが、最終的にはアップグレードに成功しました!

場合によってはインストールに失敗するかもしれないので、アップグレードする際にはちゃんとバックアップをとっておきましょう!

スポンサーリンク

Windows10へのアップグレード手順①

こちらの方法は利用できなくなりました。手順②へお進みください!

Windows10へのアップグレード用ファイルがあると記載されたサイトにのっていたのがこちらのMicrosoftのHPです。

ただし、こちらのページは2017年12月31日までと記載があります。(2018年1月2日現在、まだダウンロードが可能です。)

「UPGRADE NOW」をクリックすればダウンロード&インストールが始まります。

順調に進んでいるように見えたのですが、途中で

このようなエラーが表示されてインストールに失敗してしまいました。

以下が解決法です。

「コンピューター」→「Windows」

「system32」

検索窓に「wimg」と入力して検索→「wimgapi.dll」上で右クリックでコピー

一度戻って、今度は「Windows10Upgrade」を開く。

空いているところに「貼り付け」

「コピーして置き換える」を選択。

ショートカットができているはずなので、ダブルクリックで再インストールすればOKです。

スポンサーリンク

Windows10へのアップグレード手順②

まずはMicrosoftのWindows 10 のダウンロードへ行きます。

「ツールを今すぐダウンロード」をクリック。

「このPCを今すぐアップグレードする」を選択して「次へ」をクリック。

「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択して、DVDかフラッシュメモリーに保存しておいてからインストールしてもいいです。

ライセンス条項に「同意する」をクリック。

「インストール」をクリックすればインストールがはじまります。

途中で1度エラーが出て「再起動できます。」とか出ましたが、強制終了して起動したらインストールが完了しました。再起動に失敗しただけだったようです。

このようにしっかりライセンス認証もされています。

場合によっては途中で「プロダクトキーを入力してください」と出ることがあるようですが、左下にある「このPCにwindows10を再インストールしています」を選択すればプロダクトキーを入力せずにインストールできるようです。

定かではありませんが、僕の場合は2016年の無償アップグレード期間に1度アップグレードしているためにプロダクトキーの入力を求められなかったようです。

アップグレードできるのは7と8のみであり、無償期間中に1度もアップグレードをしていないPCでもアップグレードできているようです。

2018年5月4日に追記


一度もアップグレードしたことがないWindows7のパソコンでもアップグレードすることができました。

ちゃんとプロダクトキーも認証されています。

環境によってはこの方法でアップフレードできないかもしれません。

その場合はダメ元でこちらの記事で紹介している方法を使って2017年以前のMicrosoftのHPにアクセスしてアップグレード手順①を実行してみて下さい。

403や404エラーのページにアクセスできるかもしれない方法
ネットサーフィンをしていて見てみたいページがあったのでアクセスしてみると404エラーで「ページが見つかりません」と表示されて見れないことがあります。 また、後から見ようと思っ...

くれぐれもバックアップをとった上で自己責任でお願いします。

まとめ

よくWindows 10は使いにくいと聞きますが、ちょっと設定を変えれば7と何ら変わらない使い心地になります。

Windows 7の時よりもシャットダウンと起動が明らかに速くなりましたし、インターネットエクスプローラーよりもエッジの方が断然速いです。

いつダウンロードページが無くなるか分からないし、たとえインストールメディアを作っておいたとしても、オンライン認証ができなくなる可能性もあります。

Windows10を入手したい方は早めにアップグレードしておいた方がよさそうです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事