Windows11へ無償アップグレードできるのはどんなパソコン?

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

確かWindows10以降、新OSはリリースしないとMicrosoftは言っていたと思うがWindows11のリリースが発表されました。

パソコンの買い替えを促進するために必要なことだとは思うけど…

そこで気になるのがWindows10への移行時と同じように、現在Windows10を利用しているユーザーが無償でWindows11にアップグレードできるのか?

はい、これは可能です。

が、Windows11を使えるパソコンは特定の条件を満たしている必要があるので、古いパソコンは対応していない可能性が高いことが判明。

それでは実際に自分のパソコンがWindows11へ無償アップグレードできるのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

Windows11が使えるシステムの最小要件

引用元:Microsoft HP

現在MicrosoftのHP上で発表されているWindows11対応のシステム最小要件はこの通り。

小難しいことを考えずにPC 正常性チェック アプリを使えば自分のPCがWindows11に対応しているかを簡単に確認できます。

自分のPCがWindows11対応か確認する方法

1.プロセッサRAMグラフィックスカードを確認

よほど古いパソコンでなければプロセッサRAMグラフィックスカードは要件を満たすと思います

念のため、自分のPCのプロセッサRAMグラフィックスカードが対応しているか確認する方法は以下の通り。

スタートボタン→設定

システム

詳細情報

ここにプロセッサの形式と実装されているRAMOSビット数が載っています。

この「Intel(R) Core(TM) i7-4710MQ」をコピーして検索するとINTELのHP上でこのプロセッサの詳細を確認できます。

このプロセッサのコア数は4で動作周波数は2.5GHzなので要件を満たしています。

命令セットは64ビットなのでこれもOK!

このプロセッサはDirectX12に対応しています。

これで自分のPCのプロセッサRAMグラフィックスカードのスペックはWindows11に対応していることが確認できました。

今どきストレージが64GB以下のPCなんてないでしょうから、ここまではほとんどのPCが対応していることでしょう。

スポンサーリンク

2.システムファームウエアTPMを確認

Windows11に対応しない理由として1番多いと思われるのがシステムファームウエアTPM

自分のパソコンのシステムファームウエアTPMがWindows11に対応しているか確認する方法は下記の通り。

スタート→設定を選択。

システムを選択。

詳細情報を選択。

Windowsセキュリティで詳細を確認する

デバイスセキュリティ

僕のパソコンの場合は「標準ハードウエアセキュリティはサポートされていません」と表示されました。

ここで「お使いのデバイスは、標準ハードウエアセキュリティの要件を満たしています」と表示されればシステムファームウエアTPMもクリアだったんですけど、残念ながら僕のパソコンは未対応。

ただしここにも書かれている通り、TPMがBIOS設定で無効になっているだけで、実は対応している可能性もあります。

下記リンクで自分のパソコンのプロセッサがWindows11に対応していないか一度確認してみましょう。

INTEL製プロセッサはこちら

AMD製プロセッサはこちら

Windows11のサポート対象になっていればBIOS設定でTPMを有効にすることによってWindows11を使えるようになるかもしれません。

BIOS設定の変更方法については各メーカーのHPなどで確認しましょう。

まとめ

Windows11を使ってみたい気持ちは山々だけど、現在使っているソフトが使えなくなる可能性があるし、使い慣れるまで時間がかかるのも億劫。

なによりCPUが対応していないので仕方がない。

2025年にWindows10のサポートが終了するまではこのままでいくしかないようです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事