アイドリングストップ車のバッテリーが弱った時にバッテリー強化剤は本当に役に立つのか?

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

最近、僕のN-BOXカスタムのバッテリーの調子が少しおかしいと感じていました。

なぜならこれまでは信号待ちの時、エンジンが温まればすぐにアイドリングストップ機能が働いていたのに、しばらく走らないとアイドリングストップしなくなったからです。

信号で止まってもこのようにアイドリングストップできないと表示されます。

バッテリーマークが表示されているのでアイドリングストップできない原因はバッテリーの電力不足ということ。

実は車検の見積もり時にもバッテリーが弱っているので交換した方がいいと言われたけど、20,000円もするバッテリーをホイホイ買えるほど余裕はありません。

そこで自分でもバッテリーをチェックしてみることにしました。

するとバッテリー6セルのうち1セルの液面がLOWER LEVELギリギリのところまで下がっていました。

本当にこれだけでバッテリーが弱ってしまう原因になるのか分からなかったけど、お金をあまりかけずにできる処置を施してみました。

結論から言うと、バッテリーが弱っていたのは1セル内のバッテリー液が減っていることが原因で、簡単な処置でバッテリーを復活させることができました。

今回どのような方法で弱ったカーバッテリーを復活させることができたのかお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

弱ったカーバッテリーを復活させる方法

事前に断っておきますが、今回紹介する方法でどんなバッテリーでも復活させることができるという訳ではありません。

それでも試しでやってみようという人に以下のアイテムの使用をおすすめします。

1.バッテリー補充液

この商品をはじめ多くのバッテリー補充液がバッテリー強化を謳ってますが、その効果については疑問が残ることも多い。

だけどサイズがさほど大きくないバッテリーに補充する場合はこれくらいのサイズの物の方が使い易いのは確かです。

まずは各セルのバッテリー液面がUPPER LEVELで揃うようにバッテリー補充液を入れます。

各セルのフタは10円玉を使って回すのがいいでしょう。

またバッテリーの裏側からスマホのLED照明を照らしてやると液面が見やすくなります。

スポンサーリンク

2.バッテリー強化剤

スーパーチャージ電撃丸をバッテリーの各部屋に1粒ずつ投入します。

スーパーチャージ電撃丸充放電能力を低下させるサルフェーションを分解&除去してくれるバッテリー強化剤。

スーパーチャージ電撃丸を投入後、しばらく走行してバッテリーが充電されるとアイドリングストップが新車時と同じように機能するようになりました。

スーパーチャージ電撃丸は使い切り商品ですが、繰り返し使える機械式のサルフェーション除去装置もあります。

どうしてもバッテリーが復活しない場合は交換するしかありませんが、ディーラーやカー用品店がおすすめしてくるバッテリーは高いので、おすすめしたいのはこちらのバッテリー。

ユアサはバッテリーメーカーとして昔から有名なメーカーなので安心できます。

ちなみに、Amazonのページに飛ぶとN-BOXには不適合と表示されるけど、ちゃんと適合しているのでご安心を!

まとめ

スーパーチャージ電撃丸を、推奨されている半年ごとに使うとすれば結構な金額になってしまうので、金銭的に余裕ができる時までの応急処置と考えた方がいいかもしれません。

また構造的に壊れているバッテリーは何をしても復活させることはできないし、古い車なら電力不足の原因としてオルタネーター(発電機)の劣化も考えられます。

一説によるとカーバッテリーはサルフェーションが発生しなければ10年は使えるようにできているらしいけど、通常は3~5年で買い替える方が無難です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事