Windows10をカスタマイズをするなら『ゴッドモード』が便利

シェアする

皆さんはWindowsをカスタマイズするときはどういうふうにやっていますか?

Windowsカスタマイズソフトで一括して行うのが手っ取り早くて安心といえば安心です。

無料カスタマイズソフトとして有名どころと言えば「Comfortable PC」や「いじくるつくーる」あたりです。

ところが、「いじくるつくーる」の方はセキュリティソフト会社とひと悶着あって現在は開発休止状態となっていてWindows10に最適化されたものはありません。

「Comfortable PC」の方も対応OSにWindows10は含まれていません。Windows10に使えないわけではないのですが、設定変更して再起動する時にランタイムエラーが表示されます。

「使い慣れたカスタマイズソフトがWindows10ではうまく機能してくれないのなら、自分でひとつひとつやってしまえ!」

ということで、今回はWindows10の裏機能を紹介します。

その名もゴッドモードです。

ゴッドモードがどういうものなのか見ていきましょう!

スポンサーリンク

ゴッドモードへの入り方

デスクトップ上で右クリック→「新規作成」→「フォルダー」で新しいフォルダーを作成します。

フォルダー名を「GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}」にしてEnterを押下げます。

このようにコントロールパネルのアイコンに変化すれば成功です。

アイコンをダブルクリックして開いてみましょう。

このようにジャンルごとに分類されたカスタマイズ機能一覧が表示されます。

コントロールパネルと似ていますが、より詳細に分類されていて僕のパソコンでは209項目が表示されました。

使っているパソコンによって項目数は違ってくるようです。

見ていただければ分かりますが、アイコン名が説明分のようになっていて凄く分かりやすいです。

スポンサーリンク

ゴッドモードの便利な使い方

たくさんある項目の中でも便利なのが「システム」ジャンルです。

通常「スタートアップ」の設定は「タスクマネジャー」を開いてからその中のタブ操作で開きますが、ゴッドモードだと直接開くことができます。

アイコン上を右クリックで簡単にショートカットを作成できます。アイコン名が分かりやすいこと。

「復元ポイントの作成」もショートカットを作成しておけばカスタマイズを行う度に簡単に復元ポイントを作成できるので安全&安心になります。

まとめ

じつはこのゴッドモード、下タスクトレイのクイック起動に登録すると「クイックアクセス」に変化します。

Windows10のデフォルトの機能だと思いますが、「クイックアクセス」の元の正体が「ゴッドモード」だと思われます。

何にしても使いこなすことができれば非常に便利であることは間違いありません。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事