マイクロソフトストアが開かない/ダウンロードできない時の対処法

シェアする

Windows 10にはMicrosoft storeというアプリが初めからインストールされています。

Microsoft storeではwindows Mixed Realityなどで楽しむためのソフトなどを購入することができるわけなのですが、起動できなかったり、あるいはMicrosoft storeにあるソフトのダウンロードボタンが反応しないといったことがあるようです。

僕の場合、原因は「ユーザーアカウント制御」を止めてしまったことによるものでした。どのような経緯でそうなってしまい、どう対処したか説明したいと思います。

スポンサーリンク

Microsoft storeが反応しない現象

僕が最初にMicrosoft storeの不具合に遭遇したのはwindows Mixed Realityに自分のパソコンが対応しているのか調べようとした時のことでした。

「windows Mixed Reality PC Check」の「アプリをゲット」をクリックしても、待てど暮らせどアプリのダウンロードが始まりませんでした。

じゃあ、Microsoft storeアプリから直接行ってみるかと思い、スタートメニューを見てみると

このようにMicrosoft storeアプリと関連するゲームのいくつかがブラックアウト状態?になっていました。おまけに、ブラックアウトしていないゲームのほとんどがクリックしてもエラーが出て立ち上がらない状態になっていました。

スポンサーリンク

原因の特定

別にMicrosoft storeが使えなくてもそんなに困るわけではないのですが、原因が分からないままにしておくのは嫌なので原因を探ってみました。

ググってもそれらしい情報が無かったのですが、Microsoft storeのページで色々やっていたら「ユーザーアカウント制御を有効にして下さい」と促してきたので「これか!」と思い確認してみました。

僕はノートンのセキュリティソフトを導入しているので、Windows 10のデフォルトのセキュリティ関連は全て停止しています。

それも「Comfoortable PC」という無料カスタマイズソフトを使い一括で止めています。

このような状態です。

このチェックをすべてはずしてから「適用」をクリックして再起動し、Windowsデフォルトのセキュリティ関連をすべて有効にしたところ、

ブラックアウトしていたものが一切無くなり、普通に起動可能になりました。

やはり、「ユーザーアカウント制御」を含むセキュリティ関連を停止していたことが原因でした。

まとめ

セキュリティソフトを導入している場合は競合を避けるためにWindowsのセキュリティを停止することはよくあることだと思います。

そうでなくても、何かしようとするたびに「この変更を許可しますか?」とたずねられるのがウザいので、アカウント制御を止めてしまうことはよくあることだと思います。

Windows7まではセキュリティを停止しても何の不具合も無かったのですが、Microsoft storeはお金がからんでくるのでセキュリティ強化の観点からいたしかたないのかな?というところではあります。

僕の場合はMicrosoft storeを使うことはほとんど無いので、通常はWindowsのセキュリティは停止しておいて、必要に応じて停止を解くようにしました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク