Windows10で複数のメールアカウントを一括管理できるおすすめの無料メールソフト!

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

Windows 7からWindows 10へアップグレードし、メールソフトはWindows 7からWindows Live Mailを引き継いで使おうとしたけどエラーが出て上手く動いてくれません。

症状としてはメールサーバーでの認証が上手くいかうまくいかずにメールの送受信ができないというもの。

おそらく原因はセキュリティソフトとの競合を避けるためにWindowsのセキュリティ関連を全て停止しているためだろうと思われます。

そこでWindows 10デフォルトのメールソフトを使ってみようと色々やってみたのですが、これも何故かうまくいかない。

これはいかんと思い、下記の3つの条件に当てはまるメールソフトを探してみました。

①G-mailの管理もできること。
②最低でも5アカウント分を一括管理できること。
③導入とカスタマイズが簡単なこと。

それで、条件にピッタリ当てはまったのがMozilla Thunderbirdというフリーソフト!

MozillaといえばインターネットブラウザのFirefoxが使いやすくて有名。そのMozillaが作ったメールソフトなので使いやすさは折り紙付き。

他の無料メールソフトと比べてみてもMozilla Thunderbirdが一番使いやすかったので皆さんにも紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Mozilla Thunderbirdの導入手順

まずはThunderbirdをこちらから入手

ダウンロードが完了したら「Thunderbird Setup 60.5.3.exe」をダブルクリックしてインストール開始。

ウィザード通りにインストールを進めていきます。

「標準インストール」で問題ありませんので、規定のメールソフトにするかを選択して「次へ」をクリック。

問題が無ければ「規定として設定」をクリック。

ここでメールアカウントを登録するために「メールアカウントを設定する」をクリック。

今まで使っていたアカウントのメアドとパスワードを入力して「続ける」をクリック。

サーバー情報が自動で取得されればOK!→「完了」をクリック。

アカウント情報が反映され、すぐにメールの送受信ができます。

左上の「受信」をクリックすればメールの受信が行われます。

スポンサーリンク

メールアカウントの追加方法

Mozilla Thunderbirdではメインのメールアカウントに加えて、フリーメールのアカウントやG-mailのアカウントも一括して管理できます。

メールアカウントの追加手順は以下の通り。

「ツール」→「アカウント設定」と進む。

「アカウント操作」→「メールアカウントを追加」と進む。

アカウントのセットアップで必要事項を入力して「続ける」をクリック。

自動でメール設定が行われるので、「完了」をクリックすればアカウントの追加が完了!

G-mailも同様の手順で進んでいけばGoogleにログインして登録が可能です。

僕の場合はメイン1垢+サブ3垢+G-mail1垢の合計5アカウント分のメールを一括管理できるようにしました。

特にG-mailはスマホでは一括削除ができないのでThunderbirdで管理する方が断然楽です。

まとめ

できることならメールソフトは使い慣れたものをずっと使っていきたいですが、どこかのタイミングで乗り換えを余儀なくされることがあります。

今回がまさにそのタイミングだったわけですが、思い切って乗り換えて正解でした。

というのも、Windows Live MailよりThunderbirdの方が起動からメールの受信までが速く使い方も簡単だからです。

今回紹介したMozilla Thunderbird以外にも、eM clientOpera Mailといった優秀な無料メールソフトがあります。

それぞれに特徴がありますので、色々使ってみて自分に合ったものを見つけてください。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事