【OculusQuestⅡ】は今もっとも買うべきVRヘッドセット?

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

パソコン無しで本格的VRゲームを楽しむことができるオールインワンタイプのHMDである【Oculus quest】は販売終了となり、後継機種として【Oculus quest 2】が発売されました。

【Oculus quest 2】は初代【Oculus quest】に比べて価格が13,000円ほども安くなったのに駆動用CPU/GPUの性能は2倍にスペックアップされたというから驚きです!

これだけを聞けば「これは買いだ!」と思われるけど、実は購入を思いとどまらせるような問題点もあるようです。

ということで今回は【Oculus quest】と【Oculus quest 2】について性能などを比較しつつ、【Oculus quest 2】の問題点について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

【Oculus quest】と【Oculus quest 2】を比較

【Oculus quest 2】のデモ映像をご覧いただき、【Oculus quest】と【Oculus quest 2】の性能から比較してみます。

 Oculus QuestOculus Quest 2
ディスプレイ解像度1,600×1,440
有機ELパネル×2
1,832×1,920
高速スイッチ液晶ディスプレイ×2
視野角100°詳細不明
リフレッシュレート72Hz 60、72、90 Hz
プロセッサSnapdragon 835Snapdragon XR2 プラットフォーム
ストレージ64GB / 128GB64GB / 256GB
メインメモリー4GB6GB
トラッキングモーション・トラッキング
(4センサー・6DoF)
モーション・トラッキング
(4センサー・6DoF)
ヘッドフォン内臓/外付け内蔵/外付け
マイク内臓内臓
重量約571g約503g
価格49,800円37,100円 / 49,200円(送料・税込)

ディスプレイが【Oculus quest】は有機ELなのに対し【Oculus quest 2】は液晶となり、グレードダウンしていると思われるけど解像度はアップしています。

心臓部であるCPUはSnapdragon 835からSnapdragon 865相当のSnapdragon XR2 プラットフォームにスペックアップされており、性能的には2倍程度の処理能力だとか。

メインメモリも4GBから6GBになり、CPUのスペックアップと相まって画像処理能力はかなりアップしている。

モションセンサー数は4つで変更は無く、重量が571gから503gに軽量化された。

スポンサーリンク

その他の変更点

・あまり付け心地がよろしくないと言われていた硬質プラスチック製のヘッドストラップは布製のソフトヘッドストラップとなり、付け心地を改良。

・タッチコントローラーの各ボタン位置をより使いやすい位置に変更。

Facebookアカウントとの連携問題

【Oculus quest 2】の初期設定を行う際、Facebookアカウントと連携させる必要があります。

実はここで問題が起きて、せっかく届いた【Oculus quest 2】で遊ぶことができなくなる事象が発生しています。

こちらのページのレビューをご覧いただくと分かるように、【Oculus quest 2】とFacebookアカウントの連携後、いきなりFacebookアカウントが停止されるという事象です。

また、サポート窓口の対応もお粗末なようなので、せっかく購入した【Oculus quest 2】はただの思いアイマスクと化してしまいます。

この問題が解決するまでは【Oculus quest 2】の購入は控えた方が得策かもしれません。

まとめ

やっと性能・価格ともに納得できるVRヘッドセットが登場したかと思いきや、使用不能に陥る可能性があるという致命的な不具合が起こっている事実。

一方で、きちんとした手順を踏んでFacebookアカウント連携を行えばちゃんと使うことができるという書き込みも多くあるので、【Oculus quest 2】を購入する方は初期設定時に焦らずにしっかりとアカウント連携しましょう!

僕はもう少し様子を見ますけど…

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事