Wishで売ってる激安中国製ドライブレコーダーの実用性やいかに?

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

そろそろ自分の車にもドライブレコーダーを付けたいと思い、Amazonや楽天市場、カー用品店で調べてみるとその種類の多さに啞然!

どれを選べばいいのかさっぱり分かりません!

ただ車に付けっぱなしなので、壊れるのは早いと思われるため高い物を買おうとは思わない。

ということで最近お気に入りの“Wish”の出番!

僕が購入した時は本体価格が872円で送料が238円の計1,110円。

この値段ならすぐに壊れても勉強代と思えるので買ってみました!

後で見てみるとAmazonにも同じ物が同じような値段で売られていました。

画質や機能面には全く期待はしていませんが、いくら安くてもまともに録画できなければお話しになりません。

ということで今回は1,000円で手に入るドライブレコーダーの実用性を検証してみました。

スポンサーリンク

激安ドライブレコーダーの実用性を検証

中国からの発送ですが10日ほどで到着。相変わらず雑で簡素な梱包に脱帽!

箱にではなく、へにゃへにゃのウレタンをくり抜いただけの物に入っていました。

物自体は特におかしなところも無く至って普通。取説は英語で書かれた簡単な物が一応入っていました。

この値段だから当然タッチパネルではなく物理ボタンが本体下部にあり。操作性は最悪!

なんかLEDが6つ付いていて、説明書きには赤外線と書かれていますが機能しているのかはとても怪しい。

記録媒体はMicroSDカード(別売り)、中国ではTFカードと言うそうだ….

付属の吸盤式取付スタンドは意外にしっかりしており、角度調節も容易。

付属の電源コードをシガーソケットに差し込めばすぐに起動。

説明書きにも設定画面にも1080P(Full HD画質:1920×1080)と表示されるが、怪しすぎ!

スポンサーリンク

実際に録画してみた

最初にバラしちゃいますが、思っていた通り1280×720のFullではないHD画質です!

モザイク処理が下手で申し訳ないのですが、一応まともな画像が撮れました。

ナンバープレートは直前の車の分くらいしか読み取れませんが、信号機の色と状況が把握できれば問題ないでしょう。音声は消してますがちゃんと録音されます。

夜もクッキリとはいかないけど撮れてます。事故時の証拠としては使えるでしょう。

ということで、1,000円のドライブレコーダーは一応実用性ありと判断しました。

ちなみにGセンサー機能は無く、事故時に自動で画像保存はしないのでボタンを押して録画ファイルにロックをかけます。

また駐車中のいたずら対策としてモーション検出で自動録画されますが、内蔵バッテリーがすぐに無くなるので役には立ちません。

でも値段が1,000円だと考えると上出来ではないでしょうか。

炎天下の車内に放置することを考えれば、ドライブレコーダーは安い物を使い捨てと考えた方が経済的なのかもしれません。

ただ、外から見られたときに明らかな安物を付けていると恥ずかしいので、次は5,000円くらいのにしようかと考えてます。

保証が2年も付いてるこのモデルなんかいいかも。

まとめ

つい数年前までは中国製品=偽物か詐欺商品という考え方が主流でした。

ところが最近の中国はコスパ面で日本や欧米の大手メーカーの物より優れいる製品を沢山作っています。

考えるに日本に限らず大手メーカーのほとんどが中国に生産拠点を置いているので、技術を盗まれてしまっているのでしょう。本当にそうなら開発費がかからないので安くで売れるということになります。

大手メーカーは目先の人件費削減のために自分の首を絞めてしまっているということなのでしょうか?

ちょっと話が脱線してしまいましたが、僕が言いたいのは日本の大手メーカー(特に家電メーカー)には頑張ってほしいということです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事