KENWOODのカーナビのSDカード内の音楽に楽曲情報を取り込む手順!

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

最近のカーナビはナビゲーション機能はもちろんのこと、ハードディスクやSDカードに音楽を録音して聴けるようになっているものがほとんど!

僕の車に搭載しているKENWOOD MDV-D504BTというカーナビもSDカードに録音するタイプだけど、録音したアルバム名や楽曲名が自動で付加されず、録音した日時と順番しか表示されないので聞きたい音楽を探し出すのが大変!

同梱の取扱説明書には楽曲情報を手入力する方法しか載っていません。

でもGracenoteのデータベース対応と書いてあるので、ネットを利用して情報を取り込む方法があるはずだと思って調べてみたところ、ちょっと面倒だけどスマホを使い楽曲データを取り込む方法があることを知りました。

ということで今回はKENWOOD MDV-D504BTのSDカードに録音した楽曲にAndroid端末を使って楽曲情報を取り込む手順を説明したいと思います。

スポンサーリンク

ケンウッドカーナビのSD音楽に楽曲情報を取り込む方法

手順1

スマホに「KENWOOD Music Info.」アプリをインストールする。

iOSとAndroidのそれぞれに対応するアプリがあります。

手順2

カーナビとスマホをブルートゥース接続する。

カーナビの「外部機器」→「Bluetooth接続」を選択。

スマホ側もBluetoothをオンにしていれば勝手にペアリングして接続を許可するか聞いてきますのでナビとスマホの両方で許可する。

このようにスマホの情報が表示されればBluetooth接続完了!

スマホ情報をタッチして「BT Audio/アプリケーショ連携」にチェックが入っているか念のため確認。

手順3

ここでKENWOOD Music Info.アプリを開いておく必要はありません。

まずは楽曲情報を取り込みたいアルバムを再生します。

楽曲情報を取り込む前はこのように楽曲情報として録音日時が表示されます。

ここで右下の「表示」をタッチします。

「タイトル編集」をタッチ。

「別候補タイトル」をタッチ。

「楽曲情報取得」をタッチ。

スマホによる検索が終わると候補のタイトルがあがってきますので、合致するタイトルをタッチします。

このように情報を入れることができました。

アルバムを1枚まるごと録音した場合はこの方法で情報を取得できますが、自分で編集したお気に入り曲集のCDなどは手打ち入力しかできません。

1曲1曲手打ち入力するのは疲れるので、音声入力する方法を説明します。

スポンサーリンク

楽曲情報を音声で入力する方法

手順1

まず「VOIPUT」というアプリをスマホにインストールします。

iOSとAndroidのそれぞれに対応するアプリがあります。

手順2

スマホとナビをBluetooth接続します。

手順3

情報入力したい曲を再生して「タイトル編集」をタッチ。

スマホが認識されていれば「音声入力」ボタンが有効になりますのでタッチします。

スマホではなく、ナビのマイクに向かってハッキリとゆっくり発音します。

やり方は簡単だけど、けっこう誤認識するし突然認識しなくなることもあり。

手入力の方が速いやないかい!と思うかもしれません。

暇がある時にゆっくりとやるのがいいでしょうね。

◆関連記事

カーナビで再生する音楽や動画をUSBメモリーに保存する手順を解説!

N-BOXに社外ナビ用の純正ライクなUSBジャックを増設してみた!

N-BOXカスタムに装着すべきカーナビは純正品と社外品のどっち?

新型N-BOXカスタムのインパネとオーディオパネルの外し方

N-BOXの収納スペースのカタカタ音と傷防止にはこのラバーマット!

まとめ

ハードディスク内臓のカーナビなら最初からある程度の楽曲情報が入っている場合があります。

それでも最新のアルバムの情報はSDカードとパソコンを使って新たな情報を取得する必要があります。

そういった手間を考えると、SD録音は利用せずにパソコンを使ってUSBメモリに楽曲を保存して聴く方が便利でしょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク