N-BOXカスタムに装着すべきカーナビは純正品と社外品のどっち?

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

新車を購入する時に悩むのが『オプションは何を付けるか?』ですね。

これから何年も使っていく物だから、できるだけ満足いく装備にしたいと誰もが考えます。

特にカーナビ&オーディオ関係は選択肢が多く、どれにすれば満足できるのか多いに悩むところ。

僕は昔からバンドをやっているから音には多少なりともこだわりがあり、『8インチ プレミアム インターナビ+アルパインDDLinear+ピュアサウンドブース』にしようか最後まで悩みました。その場合、かかるオプション費用は28万円ほど。

考えに考え抜いた末、社外ナビ+アルパインDDLinearを選択しましたが、結論から言うと不満はまったくなし!

それでは具体的にどんなカーナビを装着したのかお見せしたいと思います。

スポンサーリンク

N-BOXカスタムに装着したカーナビとスピーカー

1.カーナビ

僕のN-BOXカスタムに装着したカーナビはアクセサリーカタログには載っていない「特定販路向け製品」のKENWOODのMDV-D504BTというモデル。

こちらは新型モデル

ディーラーでの購入価格は8万円でしたが、ネットショップでなら5万円ほどで購入でき、機能的には140,800円のスタンダードインターナビとほぼ同等。

ただし、MDV-D504BTは『インターナビ』やマルチインフォメーションディスプレイへの『交差点案内表示機能』、『天気予報表示』には対応せず、ステアリングの『ハンズフリーボタン』も機能しません。

それでもガイドライン付きバックモニターは便利だし地デジもきれいに映ります。CD録音も可能。

で、肝心の音のほうはどうなの?

これが結構良いんですね~!

イコライザーはもちろんのこと、バスブーストやラウドネス、サウンドライザーなど必要最低限の機能は搭載。かなり細かい音質調整ができ、自分好みのサウンドに仕上げることができます。

しかしここで言っておかなくてはいけないことがあります。

それはプレミアム インターナビには車種専用音響チューニングである『DIATONE SOUND』という大きな武器を搭載しているということ。

『DIATONE SOUND』はプロのエンジニアがN-BOX専用に音響設定してあるので、立体感のあるナチュラルな音を奏でてくれるのは間違いないでしょう。派手な音よりもナチュラルな音の方が聴き疲れしにくいのでおすすめです。

『DIATONE SOUND』に12万円の価値を見出せるかはあなた次第!

スポンサーリンク

2.スピーカー

僕は最初からフロントスピーカーをアルパインDDLinear17cmミッドウーファー+ビルトインツイーターに変えるのだけは決めていました。

今回は予算の関係でとりあえずフロントだけ交換。

これは取り外した純正スピーカー。ウーファーは17cmで、昔のように紙製ではなくPPが使われているので低音域も結構出ます。

N-BOXカスタムは元々8スピーカーでツイーターがドア上部とリアにも付いているので高音域もしっかり出ており、決して音が悪いわけではありません。

ただしマグネットは小さいので音の立ち上がりはあまりよろしくないようです。

MDV-D504BTとDDLinearを組み合わせた音は?

純正スピーカーだとモコモコしていた中低音域がアルパイン製スピーカーに交換することでメリハリのある中低音になりました。音の立ち上がりが良くなった感じです。

僕はドラムをやってるのでバスドラのアタック音にはこだわりがあるのですが、十分満足できる音になりました。

高音域もよりシャキシャキとして伸びやかなものになりました。

ただ36,000円はちょっと高いかな? 後から自分でJBLのスピーカーなんかに交換してもよかったかな?とも思います。

まとめ

『8インチ プレミアム インターナビ+アルパインDDLinear+ピュアサウンドブース』だと約280,000円。

MDV-D504BT+アルパイン製スピーカーだと約120,000円。その差は160,000円。

60回払いなら1回の支払額で2,600円の差になります。

この差を大きいと思うか小さいと思うかは人それぞれ。

また僕のように最初は譲れないところだけ付けておいて、後からすこしずつ自分でやっていくという方法もあります。

それもまた楽しいもので、デッドニングも自分でやる予定です。音がどう変わるのか楽しみです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事