N-BOXカスタムターボにサブコンを付けて加速タイムを計測してみた!

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

N-BOXカスタムターボは軽自動車の割には低速トルクが太く街中で乗りやすいうえ、ターボのおかげで高速道でも余裕の走りを見せてくれます。

そんなN-BOXカスタムターボの走りに関して特に不満はないけど、人間って慣れてくると新たな刺激を求めるもの。

そこで前々から気になっていたPivotのサブコン、POWER DRIVE PDX-H2を購入してMY N-BOXに搭載してみました。

Amazonの評価ではほとんどの人が効果があると仰ってるけど、プラセボ効果なんじゃないのかと半信半疑のままで購入。

それじゃあ実際に効果があるのか自分で加速タイムを計測してみようと0→100㎞/h加速タイムを計測してみたので、計測結果を公開したいと思います。

スポンサーリンク

N-BOXカスタムターボの
0→100㎞/h加速タイム計測結果

1.実測値

計測した時の条件は、ほぼ無風でe-CONはOFF、シフトはDレンジに入れてアクセルベタ踏みです。

また、ODBⅡ接続で得たデータとメーター読みの2通りで計測しました。

 

ODBⅡ接続で得たデータによるとノーマルのタイムが約14秒(左)、サブコンをレベルに⑤設定時のタイムが約13秒(右)

メーター読みでもノーマルのタイムが13:00秒でレベル⑤設定時のタイムが12:00秒と、ほぼ1秒の差が付いており、2回ずつ計測して結果は同じだったので加速が良くなっているのは間違いないでしょう。

ちなみに写真ではレベル⑤設定時の最大ブースト圧が+0.91(×100kPa)になってるけど、サブコンの偽装情報が表示されているので実際にはもっと高いはずです。

だからあまり高いブースト圧をかけすぎるとエンジンが壊れる可能性があります。

2.メーカー発表の参考値

これはPOWER DRIVEの説明書に記載されているデータで、0→100㎞/h加速タイムが2.1秒も縮まっています。

ただし記載されているブースト圧の数値が実際と異なるので、別の車のデータである可能性を否定できません。

使用している器械は違いますが、BLITZのHPにあるこちらのデータの方がブースト圧も合っていて実測値に近いと思われます。

このデータによるとパワーが7.5(ps)、トルクが9.2(Nm)アップしています。

体感でも低速トルクが少し太くなっていて3000回転からの加速が若干強くなったので、こちらの数値のほうがしっくりきます。(個体差はあります)

スポンサーリンク

Pivot POWER DRIVEの取り付け方と設定について

Pivot POWER DRIVEの取り付けは非常に簡単なので、知識がない人でも30分もあれば取り付けできるでしょう。

部品はたったこれだけで、本体と接続用ハーネス1本とインシュロック、本体固定用の両面テープです。

①左側の圧力センサー(メイン)と右側の圧力センサー(サブ)のコネクターをはずして、専用ハーネスのコネクターを間にかませる。

常時電源をバッテーリーの+端子に噛ませてハーネスを本体のコネクターへ接続し、両面テープで本体を平らなところに固定すれば設置完了です。

後は付属のマイナスドライバーで9段階あるレベル設定を変更して最適値を探ります。

デフォルトはメーカー推奨値のレベル⑤に合わせてあります。

メーカーはレベル⑤か⑥を推奨していますが、レベル⑥以上に上げるとアクセル開度によっては2500回転あたりでCVTかエンジンに違和感が出ます。

おそらくサブコンの偽装情報と他の制御系の設定とで誤差が生じているのでしょう、まるでエンジンがノッキングを起こしているような感覚を覚えます。

個体差があるかもしれないけど、僕のエヌボはレベル④以下なら違和感を覚えないので、僕はレベル④を推奨します。

まとめ

Pivot POWER DRIVEを取り付けることによって、確かに加速が良くなります。

トルクも若干アップするので、エコモードをONにしている時の発進時に不満を感じることが無くなるでしょう。

30,000円もする器械なので、費用対効果を考えると微妙ではありますが、お手軽に加速を良くしたいなら取り付けて損はないと思います。

あとは燃費にどう影響するのか気になるところですが、現在計測中のため、結果が出次第追記いたします。
 
 
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
スポンサーリンク

スポンサーリンク