N-BOXの電池残量が低下した時に購入すべき電池と電池交換をする手順!

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

N-BOXに限らず、最近の車はスマートキーから発する電波を利用してドアロックを施錠・解除したりエンジンをスタートさせることができるようになっています。

スマートキーシステムは便利な反面、電池残量が少なくなると車体の方がスマートキーを認識しにくくなって自動ドアロックが効かなくなったりします。

幸いなことに、N-BOXはスマートキーの電池残量が低下するとマルチインフォメーションディスプレイに「キー電池残量低下」と表示してお知らせしてくれます。

この表示がされたときは速やかにスマートキーの電池を交換する必要があります。

電池交換の手順は簡単ですが、女性の方はこういったことが苦手だと思うので、購入すべき電池の種類と電池交換の手順を説明したいと思います。

スポンサーリンク

N-BOXのスマートキーの電池の種類と交換手順

1.電池の種類

N-BOXのスマートキー用の電池はボタン型でCR1632という型番の物です。

ディスカウントストアでPanasonic製の物が180円くらいで売られており、メーカーは違うけど100均ショップでも入手できます。

3年半で2回交換したので、電池寿命はPanasonic製の物で1年半~2年といったところでしょうか。

スポンサーリンク

2.電池交換の手順

電池交換をする時は、まずスマートキーの底面の溝にコインを差し込んでからグイっとネジってスマートキー本体を開きます。

本体を開く時は操作ボタンがある前面を下にして開けないと、ボタンが全部ばらけてしまうので注意!

後は電池の+面が上に来るように確認しつつ入れ替えて組み付けるだけ。

5分もあればできる簡単な作業だけど、ディーラーやカー用品ショップに依頼すると500円~1,000円も取られちゃうので、ぜひ自分でやってください!

まとめ

N-BOXのスマートキーシステムによる自動ドアロックは、キーをポケットから出して操作する必要がないのでホントに便利です。

両手がふさがっている時なんかは本当に重宝します。

でもスマートキーの電池残量が低下していると自動ドアロックが効かなくてイラっとすることがあるので、「キー電池残量低下」の表示がされたらできるだけ速やかに電池交換しましょう!

電池残量が0になるとエンジンスタートができなくなるので、それだけは避けたいところですね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク