N-BOXカスタムに1年間乗って気付いた良い点4つと悪い点4つ!

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

新型N-BOXカスタムターボに乗り始めて気が付けば早1年! 走行距離は5300キロと少ないですが、乗れば乗るほどに良くできた車だと思い知らされます。

その半面、「ここは改善が必要」と思う点も当然あります。

そこで今回は1年間乗ったからこそ分かるN-BOXカスタムの良い点と悪い点について感想を交えながら詳しくお伝えしたいと思います。

その前にひとつだけ言っておきたいのですが、あくまで軽自動車としての感想であり普通車と比較しているわけではりません。

「しょせん軽だろ~!!」という方はどうぞここでお帰りくださいませ!

スポンサーリンク

N-BOXカスタムターボの良いと思う点

1.居住性が良い

N-BOXカスタムで一番気に入っている点が居住性の良さ!

これは乗ってみた人のほぼ全員が認めているところで、特に『乗り心地』は下手な普通車より断然良く、段差を乗り越える時の軽特有の突き上げ感がほぼ無いのにはビックリ!

室内空間も見ての通り、後部座席はめいっぱい後ろに下げると「広すぎだろ!」とツッコミを入れたくなるほど。

またオーディオについても前後ともにツイーター搭載だから中々良い音で音楽を聴くことができます。低音も昔の純正スピーカーのようにスカスカではなく、ワンランク上の低音を響かせます。

室内の静粛性も高いので、良い音で音楽を楽しみながら普通の音量で会話も楽しめるというひと昔前の軽自動車では考えられない上質さ!

2.走行性能が高い

バカッ速い軽自動車として有名なのはアルトワークス!

アルトワークスの最大トルク発生回転数は3500rpm。一方のN-BOXは2600rpm。

この数値だけ見ても分かる通り、N-BOXのターボエンジンはブン回すタイプではなく、低回転域で太いトルクを発生させて力強くスムーズに加速するタイプ。

更には軽自動車初搭載の電動ウエイストゲートにより常に最適な過給を行い、ターボというよりはスーパーチャージャーみたいなリニアで力強い加速が魅力のエンジン。

アクセルをあまり踏まなくても太いトルクでグイグイ加速していくので、とにかく気持ちいい。

一般道なら出だしで普通車に負けることはない! というよりは一足お先に~! といった感じ。

唯一高速道路で長い登り坂を走る時だけは軽自動車であることを思い知らされる。軽自動車の上限馬力64psでは絶対的な力不足。

3.燃費が良い!?

軽自動車の最大の利点である『維持費の安さ』の中でも燃費は一番気になる項目。

ターボ車はどうしても燃費が悪くなりがちだけどN-BOXカスタムターボは電動ウエイストゲートの恩恵もあり、なかなかの好燃費。

僕は週末しか運転せず、ほとんどが市街地走行のちょい乗りなので計測条件としてはかなり悪い方。それでも現在の平均燃費は15.8km/l。

ホンダ N BOX カスタム G・EXターボホンダセンシング / カスタム G・Lターボ ホンダセンシング 2017年登録(660cc JF3 CVT FF レギュラー ターボ)の燃費 - e燃費
e燃費,e-nenpi,燃費,カーライフ,低燃費

こちらのサイトを見ていただくと分かるように、N-BOXカスタムターボは平均で16km/lくらいは走ってくれるようです。

僕が以前乗っていたスバルのプレオ(4気筒のマイルドチャージエンジン)が11km/l前後だったことを考えると、走りが数段上なのに燃費まで良いとなれば言うことなし!

4.安全性が高い

N-BOXは安全運転支援システムの「SENSING」を全車標準装備。

幸いにも事故経験はないから衝突安全性を身をもって確認できてはいません。

それでも通常運転時の『衝突軽減ブレーキ』は追突の可能性がある時に早いタイミングで知らせてくれるから「追突しそうになった~!」ということが無くなります。

そして秀逸なのが『アダプティブ・クルーズ・コントロール』 

『アダプティブ・クルーズ・コントロール』は前走車に追従してくれるので、ハンドルに軽く手を添えるだけの半自動運転!

高速道路走行時の運転疲れを軽減してくれるから安全運転に大きく貢献してくれます。

スポンサーリンク

N-BOXカスタムターボの悪いと思う点

1.室内で聞こえる異音が多い

さすがに軽自動車で車内のビビリ音が全くしない車はないだろうけど、N-BOXは静粛性が高いからビビリ音が余計耳につく。

N-BOXカスタムの室内で聞こえる異音&ビビリ音を徹底的に対策!
こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。新型N-BOXカスタムターボが納車されてから1か月が経過。 普段は音楽を聴きながら運転するので...
N-BOXカスタムの異音を消すためにドアの内張りをはずしてみた!
こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。室内で発生する異音が多いと言われるN-BOXカスタム。 僕のN-BOXカスタムも噂にたがわずあ...
N-BOXカスタムの両側窓とフロントガラスから聞こえる異音対策!
こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。車を運転中にどこからともなく聞こえてくる異音がN-BOXカスタムはとにかく多い。これまで...
N-BOXカスタムのフロントガラス周辺から異音がするらしい!
こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。僕のN-BOXはフロントガラス両端あたりから「ピシピシッ!」というか「ミシミシッ!」という感じの...

これらの記事で紹介しているように、数々の異音を自分で解決してきたけど、ちょっと多すぎじゃないかい?

こういうところはホント詰めが甘いと感じるHONDAさん。

2.オートハイビームが使いづらい

オートライトは便利なんだけど、オートハイビームは人が前方に居てもハイビームのままだから相手に迷惑をかけてしまう。

ウインカーレバーの操作でオートハイビームのみOFFにできるけど、エンジンを切ると元にもどるのがいただけない。スイッチひとつでオートハイビームだけOFFにできるとよかった。

3.信号機が見えにくい

視点が高くフロントガラスが垂直に近いせいか、小さな交差点では頭を傾けて上を見上げないと信号機が見えないことが多い。

これはまだ良い方で、停止線と信号機の距離が短い交差点では信号が青に変わるまでずっと頭を傾けたまま。僕の座高が高いのが原因なのかもしれないけど…。

4.スライドドアのスイッチの位置が悪い

これは最初から一番気になっていた部分。

エンジンスタートボタンとスライドドアのスイッチが近すぎて、エンジンスをかけようとする時にスライドドアのOPENに手があたってしまうことが度々。

だからスライドドアのスイッチは切っておかないと危険! スイッチの位置が逆ならよかったかも。

まとめ

今回はN-BOXカスタムターボの良い点と悪い点、それぞれ4個ずつ紹介しました。

N-BOXカスタムターボに1年間乗ってみての感想としては『非常に良い車なんだけど細かい部分の詰めが甘い!』

それでもすごく気持ちの良い走りができるので運転するのが楽しい車。

家に帰りついても「もう少し運転したいな」と思わせてくれるほどデキの良い車。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事