ネットで見た映像を再度見たい時は【VideoCacheView】

シェアする

インターネットで前に見た映像をもう一度見たいけど、どこで見たのか思い出せないっていうことがあります。

YouTubeなんかの動画配信サービスなら履歴をみればわかります。ですが、サイトに埋め込んである広告などは閲覧履歴が残っていたとしても、次に見たら内容が変わっていることが多いから見つからないことが多いですよね。

VideoCacheViewというソフトを使えば、ネットで見た映像をもう一度再生できるかもしれません。

「かもしれない」という表現にした理由は、このソフトはネットを見た際に読み込まれるキャッシュというものを利用するソフトであり、キャッシュが残っていなければ見ることはできないからです。

キャッシュとは?
インターネットを閲覧する時、訪問したサイトを再度訪問した場合に速く表示させるために映像や画像を一定期間残しておく仕組みです。

では、VideoCacheViewの使い方を説明します。

スポンサーリンク

VideoCacheViewの導入方法と日本語化

VideoCacheViewダウンロードでVideoCacheViewをダウンロードして開いたフォルダーのexeファイルをダブルクリックしてたちあげます。

英語表記になっていますので、まずは日本語化しましょう。
「Help」→「Go To VideoCacheView Web Page」をクリック。

ページの一番下にある言語ファイルリストの「Japanese」をクリックすると、
Zip形式でダウンロードされます。

日本語化ZIPファイルを解凍して、「VideoCacheView_lng.ini」ファイルを
「videocacheview-2-97」フォルダーに入れます。

VideoCacheViewを立ち上げなおすと日本語化ができているはずです。
同時に、直前までのキャッシュファイルが読み込まれているはずです。

スポンサーリンク

VideoCacheViewの使い方

デフォルトではインタネットエクスプローラーやエッジのキャッシュは読み込まないように設定されているので、読み込ませるように設定を変えておきます。

「オプション」→「詳細オプション」をクリック。

「Internet Explorer 10/11 Cache」にチェックを入れて「OK」をクリック。

インターネットエクスプローラーやgoogle cromeを終了させて
VideoCacheViewを起動すると、キャッシュファイルが読み込まれます。

読み込まれているファイルのうち「キャッシュ」が「なし」となっているものは基本的に
再生できませんが、URLをコピーして検索すると再生されることがあります。

「最終アクセス日時」でいつごろその映像を見たのかあたりをつけて右クリック
→「選択ファイルを再生」をクリック。
もし、デフォルトの再生ソフトが立ち上がって再生できない場合は、
対応するファイル形式が多い再生ソフトを導入してみてください。

おすすめはMPC-BEという動作が軽快で対応ファイル形式が多い再生ソフトです。
MPC-BEをインストールした後にVideoCacheViewで「任意のプログラムで開く」をクリック。

「このPCで別のアプリを探す」をクリック→「PC」→「C:Windows」→
「Program Files」→「MPC-BE x64」→「mpc-be64」を選択。

「MPC-BE」がソフト一覧に追加されますので、「MPC-BE」をダブルクリック。

うまくいけばこのように再生されます。

再生されるファイルもあればされないファイルもあるので、必ず探している映像が見つかるわけではありませんが、「運が良ければ見つかるかも?」程度に使ってみてはいかがでしょうか?

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク