Windows10にエクスペリエンスインデックススコアは無いの?

シェアする

Windowsエクスペリエンスインデックスは自分のパソコンの性能を客観的に判断するためにけっこう使いますよね?

ドライバーの更新をしたり、カスタマイズをしたときに数値が0.1でも上がったらなんとなく嬉しくなります。

パソコンの買い替えをするときも、スペックがどの程度なのか目安になります。

でもなぜかWindows 8.1ではその機能が廃止されてしまいました。

と言っても、実は実行プログラムのWinSat.exe自体が無くなったわけではないのです。

【WIN SCORE SHARE】という無料ソフトを使えば、実行プログラムであるWinSat.exeを簡単に実行してくれて、パソコンスペックの各項目の平均値なども表示してくれます。

では、さっそくWIN SCORE SHAREの導入方法と使い方を説明していきます。

スポンサーリンク

Windows 10でエクスペリエンスインデックスを
実行する方法

WIN SCORE SHARE←こちらからダウウンロードできます。

WIN SCORE SHAREへ行き「WIN SCORE SHARE」をクリックでダウンロードされます。

起動して「同意する」をクリック。

「再計測開始」をクリック。

WinSat.exeがコマンドプロンプトで実行されますのでしばらく待ちます。

計測が終わるとスコアが表示されます。Windows 8までは1.0~7.9でしたが、
Windows 10では1.0~9.9になります。「ゲーム用グラフィックス」は計測されません。

左上の「結果画面」→「プロファイル画面」に変えると自分のパソコンのスコアと平均値との比較画面が表示されます。

尚、GPUを個別に計測することはできません。

右上の「総合スコアランキング」をクリックすれば、スコアのランキングや平均値をみることができます。

本格的なベンチマークソフトを使えばもっと詳細な数値やGPUのスコアも確認できますが、この方法が簡単でいいですね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事