スマホの位置情報を簡単に偽装することができる【Fake GPS】

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

スマホゲームの中にはスマホの位置情報を利用してゲームを進めていくタイプの物があります。

有名なところでは『Pokémon GO』や『ドラクエウォーク』などなど。

あとはモンストのようにサブ機能的に位置情報を活用するゲームを含めるといくつあるかわからないほど…。

ところが現在は新型コロナウイルスのせいで無闇に外を歩き回ることがはばかられる状況。

そこで紹介したいのがスマホの位置情報を偽装してくれる【Fake GPS】というAndroid用無料アプリ。

全てのゲームで役に立つとは言いがたいけど、【Fake GPS】の導入方法とその使い方をお伝えしたいと思います。

ほとんどのゲームにおいて『位置偽装』は規約違反になります。
【Fake GPS】を導入したことによりアカウントが停止されたとしても当方は一切責任を負いません。

【Fake GPS】を導入するにあたっては自己責任で行っていただくようお願いします。

スポンサーリンク

【Fake GPS】の導入方法

1.【Fake GPS】をスマホにインストール

Fake GPS location

Fake GPS location
開発元:Lexa
無料
posted withアプリーチ

まずはGooglePlayで【Fake GPS】をインストール。

2.【Fake GPS】を「仮の現在地情報アプリ」に設定する

次に下記の手順で「仮の現在地情報アプリ」として【Fake GPS】を登録します。

  

スマホの「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」を7回連タップして「開発者向けオプション」を表示させる。

    

メニューに追加された「開発者向けオプション」 → 「仮の現在地情報アプリを選択」(※項目名はAndroidのバージョンでことなります)→  【Fake GPS】を選択。

以上の手順で【Fake GPS】を位置偽装アプリとして登録できました。

スポンサーリンク

【Fake GPS】の使い方

【Fake GPS】で一時的に現在地情報を偽装する手順は以下の通り簡単!

       

【Fake GPS】を起動し、地図を動かして目的の場所を①の中央に持ってくる → ②スタートボタンをタップすれば位置情報の偽装開始。

本来の位置情報に戻す時はポーズボタンをタップ。

試しに現在地情報を韓国の空港に設定し、グーグルマップで確認するとキチンと反映されていました。

   

左上にあるメニュー → 「map type」で航空写真の地図も選択可能。

      

また「Settings」で「Simulate noving」にチェックを入れると、あたかも歩き回っているかのように現在地情報がランダムに切り替わります。

「Move distance」で移動距離を、「Update interval」で現在地情報の更新間隔を設定することも可能。

位置情報の変遷はメニューの「History」で確認できます。

まとめ

冒頭でも申し上げたように、【Fake GPS】の使用にはくれぐれも気を付けてください。

位置偽装を規約違反としているゲームで【Fake GPS】を使ったことがばれれば、アカウント停止処分となるでしょう。

もし課金をしてまで頑張っていたゲームだった場合、それが一瞬でパーになりますよ!

また、ゲームによっては位置偽装ができないように対策している場合もありますので、その時は素直にあきらめましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事