ダイソーの1000円完全ワイヤレスイヤホンを他の機種と比較してみた!

スポンサーリンク

ブルートゥースイヤフォン

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

スマートフォンやミュージックプレイヤー、Fire TV Stickなどの機器とBluetooth接続で音声を聴くことができる完全ワイヤレスイヤホン。

完全ワイヤレスイヤホンは無線なので接続コードの煩わしさから解放されるし、最近のモデルは音質も向上してきていることから人気急上昇中です。

それ故に世界中の色んなメーカーが様々なモデルをリリースしており、低価格帯の物なら2~3,000円でそこそこの音質の物が購入できます。

そこに庶民の味方であるダイソーさんが1,000円という圧倒的ハイパフォーマンスモデルのDAISO TWS001という完全ワイヤレスイヤホンを携え登場!

ということで今回はDAISO TWS001使ってみた感想を、Jabra Elite 75tSoundPEATS TrueFree+の2機種と比較しながらお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

DAISO TWS001を使ってみた感想

さすがダイソーさん、まさか1,000円で完全ワイヤレスイヤホンを発売してしまうとは正直おったまげました!

本体の見た目はあまりカッコ良くない、というかいかにも安物っぽいので外で使うには恥ずかしいかも。

付属品は最低限の物だけで、交換用の他サイズのイヤーピースは付属せず。

付属のイヤーピースはSサイズ相当なのでほとんどの人には小さすぎるでしょう。

対応コーデックはSBCだけでAACには非対応。

連続再生時間はイヤホン単体で4時間+充電ケースが6時間の計約10時間と及第点。

実際に使ってみたところ、イヤホン単体で4時間を少し超えました。

操作ボタンで一時停止・スキップ・戻り・音量調節までできるけど、ボタンが硬くて2連続や3連続押しが凄くやりにくい。

音質は良く言えばフラットで、悪く言えば迫力の無い音だけどイヤーピースをMサイズの物と交換したら低音がかなり聞こえるようになりました。

音の解像度については言わずもがな、1,000円のイヤホンに多くを求めてはいけません。

スポンサーリンク

他の完全ワイヤレスイヤホンとの比較

今回比較するのはSoundPEATS TrueFree+(左)とDAISO TWS001(真ん中)とJabra Elite 75t(右)

全機種ともにケースはマグネット付きなので、イヤホンを適当に放り込んでもカチッとキャッチします。

尚、DAISO TWS001だけはイヤホンを取り出すとケースが後ろに転びます。

左がSoundPEATS TrueFree+、真ん中がDAISO TWS001、右がJabra Elite 75t

SoundPEATS TrueFree+は3,980円でJabra Elite 75tは13,000円程度の商品です。

値段が全然違うのでアクティブノイズキャンセリングなどの有無は比較対象とせず、単純に音質と使い勝手についてのみ比較しています。

1.音質

音質については値段のことは考えずになるべく客観的に、同じ音源を聴いた時の比較で点数を付けました。

 DAISO TWS001SoundPEATS TrueFree+Jabra Elite 75t
低音657590
高音707085
音の解像度757090
スピーカーに
例えた場合
16cm2way20㎝2way40cm4way
総合点707590

さすがにJabra Elite 75tは頭2つ抜けてますが、DAISO TWS001SoundPEATS TrueFree+はほとんど差が無いと思いました。

DAISO TWS001SoundPEATS TrueFree+だけを比較した場合、コストパフォーマンスでDAISO TWS001の方が上を行きます。

ここで気になる点がひとつ。

それはDAISO TWS001SoundPEATS TrueFree+のように楕円形の機種は、うつむき加減でスマホで音質調整した後に真っすぐ向くと音質がかなり変わるという点。

Jabra Elite 75tはそのようなことは起こらないので、重量バランスも大事だと思います。

2.連続再生時間

 DAISO TWS001SoundPEATS TrueFree+Jabra Elite 75t
単体4時間4時間7.5時間
ケース充電込み10時間35時間28時間

連続再生時間はケースの大きさにも関係してくるので、長ければいいっていうことでもないでしょうが、夜中にFire TV Stickで長時間動画を視聴するなら4時間では足りないですね。

DAISO TWS001SoundPEATS TrueFree+はイヤホン単体での連続再生時間が同じ4時間であることに注目したい。

3.携帯性

左がSoundPEATS TrueFree+で真ん中がDAISO TWS001、右がJabra Elite 75tのケース

同じく上からみたところ。

ケースはDAISO TWS001の物が一番小さく携帯性が良い。

なお充電コードの接続端子はJabra Elite 75tだけがUSB Type-Cで、他はMicroUSBとなっている。

◆関連記事

ダイソーで500円のBluetoothイヤホンの実力やいかに?

ダイソーの500円Bluetoothイヤフォンを使ってみたら驚いた!

JabraとSONYとSoundPEATS!BTイヤフォン3機種を比較してみた!

まとめ

正直DAISO TWS001は1,000円なのでオモチャみたいな物だろうとなめてかかってました。

ところが3,980円もするSoundPEATS TrueFree+と遜色ないスペックを秘めていたから驚きです。

ただし見た目がダサく外で使うのは恥ずかしいので、家の中でFire TV StickやYouTube視聴用として使うのがおすすめ。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事