ダイソーで500円のBluetoothイヤホンの実力やいかに?

スポンサーリンク

ブルートゥースイヤフォン

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

スマホで音楽を聴いたりAmazon Fire TV Stickをイヤフォンで視聴する時にコードが邪魔にならずに重宝するBluetoothイヤフォン。

最近はでそこそこの音質で値段も安いハイ・コストパフォーマンス商品も数多く出回っています。

そんな数多く出回っているBluetoothイヤフォンの中で最安値と思われる500円のBluetoothイヤフォンがダイソーで売られています。

以前ダイソーで売られていたBluetoothイヤフォンはモノラル音声でとても使えた物じゃなかったんですが、いつの間にかアップデートされてステレオ音声になっていました。

ということで今回はダイソー500円Bluetoothイヤフォンがどれほどの音質なのか、3,500円ほどのSONYのWI-C200と比較しながらお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ダイソー500円イヤフォンとSONY WI-C200を比較

1.パッケージや外観

左側がダイソー500円イヤフォンで右側がSONYのWI-C200。

ダイソーの物にもちゃんと「高音質ステレオイヤホン」と書かれてあり、ちょっとだけ期待!

   

左がダイソー500円イヤフォンで右がSONY WI-C200。

見た目はダイソー500円イヤフォンはそれなりで、SONY WI-C200はちょっとだけ高めに見える?

ダイソー500円イヤフォンにはマグネットが搭載されておらず、重量バランスも悪いので耳から外している時に落ちる可能性あり。

リモートスイッチを手探りで操作するのはダイソー500円イヤフォンの方が若干やりやすい感じ。

耳へのフィット感はSONY WI-C200が断然上!

あろうことか、ダイソー500円イヤフォンにはR-L表示が無い!

ちなみにダイソー500円イヤフォンは耳に押し込む時にペコペコ音がします。

2.連続再生時間

ダイソー500円イヤフォンは連続再生時間が約7時間。連続待ち受けは約24時間で充電時間が約2.5時間。

これは500円の物としては中々に優秀!

一方のSONY WI-C200は連続再生時間が約15時間。また連続待ち受けは最大200時間で充電時間が約3時間。

これはさすがのSONY!もっと上位の機種にも匹敵する性能です。

スポンサーリンク

3.対応コーデック

対応コーデックはダイソー500円イヤフォンがSBCのみでSONY WI-C200はSBCとAACに対応。

したがって、ダイソーの500円イヤフォンはAACコーデックの利点を活かしきれないということですね。せめてAACには対応してほしかった。

4.音質

ダイソー500円イヤフォンはパッケージにも書かれている通り、中~低音はしっかり出ますが高音域はサッパリで解像度も×

実はもう1種類音質の異なるモデルがありますが、その実力は言わずもがな。

これはSONY WI-C200のもので、伝送帯域はダイソー500円イヤフォンと同じ20Hz~20000Hzとなっており、数値上は同じだけど音質に関しては雲泥の差がありました。

僕が使っているPowerampという音楽再生アプリでは、SONY WI-C200は少しの補正で自分好みの音質にできたけど、ダイソー500円イヤフォンはいくら高音域を補正してもダメでした。

Bluetoothイヤフォンを初めて買う人にはおすすめのハイ-コスパモデル

まとめ

ダイソー500円イヤフォンは値段の割には頑張っているけど、音楽を聴くのには全くもって向いていないことが分かりました。

ただし中低音域はしっかり出ているので、Amazon Fire TV Stick専用で追加購入するのは有りかな?といったところ。

次のアップデートで高音域もしっかり出るような物を同じ値段で出してくれば凄いですね!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事