パソコンを買い替えるなら多機能よりも基本スペックを重視すべし!

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

皆さんは新しくパソコンを購入するとき、何を基準に機種選びをしますか?

ほとんどの方が「予算内で自分に必要な機能(Officeソフトやテレビチューナーなど)が搭載されていている機種」を選ぶと思います。そして店員さんに勧められるままに購入していませんか?

僕も以前は機能重視でパソコンを選んでいたのですが、今はスペック重視で選んでいます。

なぜなら市販されているパソコンの場合、Officeソフトやテレビの視聴機能なんかは後から付け加えることが可能ですがCPUなどの基本スペックは後からではどうにもならないからです。

永く使っていくつもりなら絶対に基本スペックがシッカリしている機種を選ぶべきです。

ということで、今回は納得できるパソコンの選び方についてお話をさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

納得のいくパソコンの選び方

1.予算

予算はどの程度のスペックのパソコンが必要かによって異なります。

重いゲームをやる人はゲーミングPCを選ぶでしょうから最低でも90,000円は必要。ネットの閲覧やメールのやり取りくらいしかしないという人は30,000円~50,000円も用意すれば十分でしょう。

Officeソフトがインストールされている機種なら40,000円以上は必要。

搭載されている機能が同じなら当然値段の高い方が基本スペックも高いことが多いです。

2.デスクトップPC or ノートPC

デスクトップPCにするかノートPCにするかについても人それぞれ。デスクトップとノートの利点をそれぞれ挙げてみたいと思います。

<ノートパソコン>       
1.持ち運びができる
2.場所を取らない
3.接続コードが少ない

<デスクトップパソコン>
1.拡張の自由度が高く、キーボードやモニターなど個別に交換、追加ができる
2.本体だけなら同じ金額でノートパソコンよりもハイスペックの物が買える
3.自作品であれば部品交換が容易で、本体ごと替えなくてもスペックアップができる

重いゲームをする人はデスクトップのハイスペック機種、ネットの閲覧しかしないなら低スペックのノートパソコンがおすすめです。

自分のライフスタイルに合わせてどちらのタイプにするか決めましょう。

スポンサーリンク

3.スペックや機能を比較する

予算が決まりデスクトップにするかノートにするか決まったら、最後にスペックや機能を比較検討します。

分かりやすいように同価格帯のノートパソコン3機種を比較してみたいと思います。

 FMV LIFEBOOK
AHシリーズ WA2/B2
MSI GL62 7RDX-1079JPOMEN by HP
15-ce015TX
液晶パネル15.6インチ・フルHD 15.6インチ・フルHD 15.6インチ・フルHD 
搭載CPUCore i7 7700HQ
2.8GHz/4コア
Core i7 7700HQ
2.8GHz/4コア
Core i7 7700HQ
2.8GHz/4コア
CPUスコア891489148914
GPUIntel HD Graphics 630GeForce GTX 1050GeForce GTX 1060
GPUスコア119143868792
搭載メモリ8GB8GB16GB
ストレージSSD:256GBHDD:1TB
SSD:128GB
HDD:1TB
SSD:256GB
光学
ドライブ
BD-R/-RE/-RDL/-REDL
/-RXL/-REXL/DVD±R
/±RW/RAM/±RDL
DVD±R/±RW/
RAM/±RDL
無し
オフィス
ソフト
Microsoft Office Home and Business Premium無し無し
最安値(2017年12月11日時点)138,750円139,093円146,664円

CPUは3機種とも同じ「Core i7 7700HQ」でノートパソコンとしてはかなりハイスペックなCPUを搭載しいています。

では何が違うのかというと、大きく異なるのが搭載GPUの性能です。こればかりは後から交換することができません。(メモリやストレージは交換可能)

どのように異なるかというと、FMV LIFEBOOKはCPUがGPUの機能も兼ねているのでCPUが演算とグラフィックスの両方を処理します。これは人間に例えると一人で計算と絵描きの両方をこなさなければいけないということなり重いゲームには不向き。

だけどMicrosoft Officeがインストールされているし、光学ドライブはブルーレイに対応しています。

一方のMSI GL62やOMEN by HPは演算処理用のCPUとは別にグラフィックス処理用のGPUが個別に搭載されています。

人間でいえば計算と絵描きのそれぞれに一人ずつ担当がいることになり、OMEN by HPなら重いゲームもスムーズにこなせるし、HTC ViveやOculus RiftといったVRゲームもこなせます。

だけどMicrosoft Officeや光学ドライブが付いていません。

以上のことからFMV LIFEBOOKは通常使いのノートパソコン。MSI GL62は準ゲーミングノートパソコン。OMEN by HPは本格的ゲーミングノートパソコンという位置づけになります。

パソコンの位置づけによってお金がかかっている部分が異なってくるのです。

このような違いを見極めつつ自分の使い方に合わせたパソコン選びをおすすめします。

まとめ

僕も以前はそうでしたが、パソコンについてあまり知識が無い場合「日本の大手メーカー製なら間違い無い」という固定観念にとらわれがちです。

ですが日本の大手メーカー製PCは見た目や余計な機能を”売り”にしていて、値段は高いけどスペックが低いことが多いのも事実。

基本スペックが高いパソコンならネット閲覧や動画視聴などもストレスフリー!

ブルーレイドライブやMicrosoft Officeは後から追加できる機能。余計な機能に高いお金をかけず、基本性能にお金をかけてほしいと思います。

CPUやGPUのスコアについてはこちらのサイトで確認できます。

PassMark Software - CPU Benchmarks
PassMark Software - CPU Benchmarks - Over 1 million CPUs and 1,000 models benchmarked and compared in graph form, updated daily!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事