Windows10のスタートメニューをWindows7風にする!

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

Windows7やWindowsXPを使い慣れている方にとってWindows10のスタートメニューは非常に使いにくいのではないかと思います。

僕もそのひとりで、コントロールパネルやPCを素早く開くことができないため、わざわざランチャーソフトをインストールして使っていました。

それでも長年のクセでついランチャーソフトではなくスタートメニューを開いてしまうんですよね。

そんな感じで試行錯誤していたのですが、最近になってようやく良いものを見つけてしまいました。

それは『Classic Shell』というフリーソフトです。

Classic Shell』はインストールすることによりWindows7やXPと同じスタートメニューを使えるようになるというスグレモノ!

ということで今回は『Classic Shell』の導入方法と使い方を説明いたします。

スポンサーリンク

Classic Shellの導入方法

Classic Shell』のダウンロードはこちらから。

Classic Shell』のHPへ行き、一番上にある「Windows Installer – English」をクリックしてダウンロード→ダウンロードした「ClassicShellSetup_4_3_1.exe」をダブルクリック。

「accept the terms in the License Agreement」にチェックを入れ「Next」をクリック。

次はそのまま「Next」をクリック。

「Install」をクリックしてインストールを開始。

「View Readme file」のチェックをはずして「Finish」をクリックしてインストール完了。

『Classic Shell』は設定用のショートカットがデスクトップに作成されないので「C:\Program Files\Classic Shell」のフォルダ内にある「Start Menu Settings」上で右クリックしてショートカットを作成しておきましょう。

スポンサーリンク

Classic Shellの日本語化

デスクトップ上に作成した「Start Menu Settings」ショートカットをダブルクリックしてClassic Shellのセッティングメニューを起動。

「Show All Settings」→「Language」と開き、日本語を選択して「OK」をクリック。

Classic Shellを再起動させるよう促してきます。

スタートボタン上で右クリック→「終了」でいったんClassic Shellを終了させて「Start Menu Settings」ショートカットをダブルクリックしてClassic Shellを再び起動させればOK。

万が一日本語できない場合はja-JP.DLLをダウンロードしてClassic Shellのインストールフォルダに放り込んでから再度日本語化しましょう。

Classic Shellの使い方

使い方はいたって簡単! 3種類の中から好きなスタートメニューを選択してOKをクリックするだけ。「スタートボタンを置き換える」にチェックを入れておくとスタートボタンも変えることができます。

Windows7スタイル

クラシックスタイル(2カラム)

クラシックスタイル

 

実際のスタートメニューはこんな感じで、3つのスタイルから選ぶことができます。この写真はWindows Aeroをオンにしていますので、エアロ効果を切れば本当のクラシックスタイルになります。

一番上にある「スタートメニュー(Windows)」をクリックするとWindows10のスタートメニューが表示されます。

まとめ

使い慣れたものが新しいタイプのものに変わると、慣れるまでは前の方がいいと感じてしまいます。

Windowsも新しいスタイルに変える場合は以前のスタイルも残しておいて、好きな方を使えるようにしておいてほしい。

そんなわがままをかなえてくれる『Classic Shell』、おすすめです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事