VR動画をスマホで見るのにおすすめのVRゴーグル5選!2020年版

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

YouTubeなどの動画配信サイトには沢山のVR動画がラインナップされているので、VRゴーグルさえ入手すればすぐにVR動画を楽しむことができます。

男性諸君ならFANZAなどのVR動画に興味があることでしょう。

でも実際にVR動画を見てみたいと思った時に、どんなVRゴーグルを購入すればよいのか分からない方もいらっしゃると思います。

そこで今回は低予算でお手軽にVR動画を視聴できる、スマホを使うタイプのVRゴーグルの中からおすすめの5モデルを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

おすすめのスマホ用VRゴーグル

1.オーソドックスなタイプ

<3D SHINECON VRゴーグル>

Amazonにて1,600円(2020年11月24日現在)

このモデルは入門用にピッタリのVRゴーグルで、付属品は何もないけどその分安い!

ただしVR動画特有のドリフト(動画のセンターがずれていく症状)が起こった時に1回1回ふたを開けてセンタリングし直さなければいけないのが難点。

まずはこのモデルでVR動画をお試しで視聴し、VR動画を気に入ればBluetoothリモコンを追加購入すれば画像のセンタリングや音量調節も楽にできるようになります!

・3.5~6インチのスマホに対応

2.ヘッドフォン搭載タイプ

<3D SHINECON VRゴーグルDX ヘッドフォン一体型>

Amazonにて2,000円(2020年11月24日現在)

ヘッドフォンは自前のヘッドフォンも使用できるけど、コードがからみついてイライラさせられることが多いです。

その点、このモデルはヘッドフォンが装備されているのでコードがからみつくことはないのが〇。

ただし音が漏れるので一人暮らしでなければFANZA動画を視聴する際は気を付けて!

・4~6インチのスマホに対応
・音量調節、通話切り替えボタン付き

※iphoneには別途イヤフォン変換アダプタが必要な場合あり

スポンサーリンク

3.Bluetoothリモコン付属タイプ

<SAMONIC 3D VRゴーグル VRヘッドセット>

Amazonにて2,480円(2020年11月24日現在)

こちらのモデルはVR動画視聴時に頻繁に起こりえるセンターのズレを付属のリモコンで修正可能。もちろんリモコンで一時停止や音量調節もできます。

ただしiphoneは使える機能が限られる場合あり。

付属のイヤフォンはVR動画視聴時には音質的に問題ないでしょうが、コードがからまって邪魔になる可能性大!

・4~6インチのスマホに対応

4.ヘッドフォン搭載&Bluetoothリモコン付属タイプ

<Top Gear VR ゴーグル >

Amazonにて2,000円(2020年11月24日現在)

このモデルはヘッドフォン搭載&Bluetoothリモコン付属の、いわゆるフル装備タイプ!

したがってVR動画を思う存分に楽しむために追加購入が必要な物はありません。

音が多少漏れるのが問題無ければ一番コスパの高いモデルと言えます。

・4.7〜6.0インチのスマホに対応

※iphoneで使用する場合は別途変換プラグが必要な場合があり、Bluetoothリモコンは一部の機能しか対応していません。


<THCL VRヘッドセット 「技適認証済」 アンチブルーレンズ>

Amazonにて2,779円(2020年11月24日現在)

このVRゴーグルもフル装備タイプです。

イヤフォン装着の煩わしさが無い上にBluetoothリモコンで再生操作ができるのは便利。

・4.7~6.2インチのスマホに対応

※iphoneで使用する場合は別途変換プラグが必要な場合があり、Bluetoothリモコンは一部の機能しか対応していません。

まとめ

今回紹介したモデルは本格的なVRゲームには対応していないので悪しからず!

あくまでYouTubeやFANZA動画のVR動画を視聴することを主な目的とするモデルばかりです。

そしてVR動画再生に対応したスマートフォンが必要です。

スマホを使わない液晶パネル搭載型で、本格的なVRゲームを楽しめるVRヘッドセットについては「おすすめの液晶搭載型(スマホ不要)VRゴーグル4選!2020年版」にて紹介しています。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事