VR対応スマホスペックはどれくらい?自分のスマホはVR対応?

シェアする

スマホVR

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

スマホとVRゴーグルでVRコンテンツを楽しむにはある程度高性能なスマホが必要です。

もしあなたがこれからVR体験をしてみようと思っているなら自分のスマホがVRに対応しているのか気になるところだと思います。

VR対応のザックリとした条件は以下の通りです。

◆VR動画を楽しむことができるスマホの条件

1.ジャイロセンサーが搭載されていること。

2.CPUの性能が一定以上あること。

3.一定以上の画面サイズであること。

ジャイロセンサーとは?
「角速度センサー」とも呼ばれ、回転や向きの変化を検知するセンサーのこと。

では、具体的にどのくらいの性能であればVR対応スマホと言えるのかお伝えしていきたいと思います。

その前に、今お持ちのスマホでVR動画を視聴することができるのか簡単に確認する方法を紹介します。

スポンサーリンク

自分のスマホがVR対応か確認する方法

まずはユーチューブで「VR」で検索。どれでもいいので再生してみましょう。
 
 
右下にこのようなゴーグルマークがでればOK!
 
 
ゴーグルマークをタップすると、視差のある2画面表示になります。
 

これで分かるのは、このスマホにはジャイロセンサーが付いていてある程度のスペックを備えているということです。

ユーチューブのVR動画を視聴する程度なら全く問題ありません。

高画質のVR動画をスムーズに再生できるかどうかはアプリとの相性や通信速度の問題もあるのでやってみないとわかりません。

 
 
ゴーグルマークが表示されない場合はVR動画の再生に対応していないということになります。

このスマホにはジャイロセンサーがついていないと思われます。

YouTubeのVR動画の中で最初から2画面になっているものなら3D再生が可能です。

DMMは再生不可能です。

VR対応スマホスペック

それでは、具体的にどのくらいのスペックであればVRに対応しているといえるのか説明します。

・iphoneの場合、5s以降のモデルであればほぼ大丈夫。

・アンドロイド端末の場合は以下の通りです。

・OS:AndroidOS4.4~6.0以上
・CPU:Snapdragon800 相当以上(1CPUあたり2GHz以上のクアッドコア)
・メモリ:2GB以上

これはDMMのVR動画を楽しむための推奨環境です。この基準をクリアーしていればほとんどのVR動画をスムーズに再生できるでしょう。

(通信速度が遅い環境でストリーミング再生する場合はスムーズな再生はできません。)

「1CPUあたり2GHz以上のクアッドコア」というのがCPUの性能を表す具体的な数値になります。

最近のスマホならクワッドコア(4つ頭脳タイプ)以上がほとんどでしょう。

オクタコア(8つ頭脳タイプ)CPUも普通になってきてます。

基本的にクアッドコアよりもオクタコアの方が高性能です。

そして、一番重要なのはCPUの動作速度であるクロック周波数「GHz」の数値です。

基本的にはこの数値が大きいほど性能的にすぐれていると言えます。

普通のHD動画なら1.3GHzもあれば余裕ですが、4Kなどの高画質の動画をスムーズに再生するには最低でも2GHzはほしいところです。

ご自分のスマホのCPUがどの程度のスペックなのか分からない方はこちらで確認してみてください。

Snapdragon - Wikipedia

画面の大きさは5インチ以上の物がいいですね。画面が小さいと端っこが切れて没入感が薄れます。

スポンサーリンク

VR未対応のスマホについて

僕は普段は格安スマホのACER Liquid Z350を使っています。(3Dスコア:3000前後)

普段使いには何の不満もなく、軽いゲームならサクサク動きます。

性能は以下の通りです。

OS:Android 5.1
CPU:MediaTek MT6735 プロセッサー クアッドコア 1.30 GHz
メモリ:2 GB

クワッドコア(4つ頭タイプ)だし、RAMも2ギガあるから大丈夫だろうと思いDMMのお試し動画をみてみました。

専用のVRプレイヤーをインストールして視聴するわけですが、動画の読み込みすらできませんでした。

そもそもジャイロセンサーが付いていませんので未対応となります。

CPUのスペックもDMMの推奨環境を全然満たしていませんので当然の結果ですね。

え~!じゃあボクのスマホではVR動画を観ることができないの?

いやいや、あきらめるのはまだ早い!
VR未対応のスマホしかなくてもVR動画を楽しむ方法はいくつかあるよ!

VR未対応のスマホしかない場合はどうする?

1.初めから視差あり左右2画面の状態でアップされている動画なら3Dで観ることができる

VR動画の立体感だけを楽しむだけなら充分です。360°見渡すことはできません。

2.パソコンでダウンロードしてスマホのSDカードに保存して観る

この方法も360°には対応しないけど、正面固定で観ることができます。

詳しくはこちらです。

VR動画をダウンロードしてスマホのSDカードに保存する方法
こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。 動画ってVR動画に限らずストリーミング再生するとカクついたりブロックノイズが気になることがありま...

3.中古のVR対応スマホを買う

数年前の不人気機種の中古なら数千円で買うことができます。

中古で心配なのがバッテリーのヘタリですが、家でなら充電しながら使えますので大丈夫です。

また、シムが無いスマホでもWi-Fi接続すればYouTubeもDMMも視聴できます。

詳しくはこちらです。

自分のスマホでVR動画が見れない方には中古スマホがおすすめ!
こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。 スマホでVR動画を観る方法などについて偉そうに書いている僕ですが、実は普段使いのスマホはVRに対...

4.格安スマホ本体のみを買う

最近の格安スマホは性能が良くなっていて、ほとんどの機種がVRに対応しています。

すでに格安シムを使っているなら、アマゾンなどでシムフリー端末を買えばいいだけです。

おすすめの格安スマホはこちらです。

おすすめのVR対応シムフリースマホベスト3!3万円台で購入可!
今回は3万円台で買えるけど、ミドルスペックシムフリースマホに負けないほど高性能なコストパフォーマンスの高い機種を3機種紹介したいと思います。 もちろん、VRにも対応しています...

5.格安シムとセットでVR対応機種を購入する

格安シムは端末とセットで購入すれば月々の支払いも安くで済むのでおすすめです。

詳しくはこちらです。

おすすめの格安シムランキングベスト5!アイフォンにも使えます!
ね~ね~、君って月々のスマホ代っていくらぐらい払ってるの? ん~?10,000円くらいかな? げっ!!まだスマホ代にそん...

6.スマホが必要ないスタンドアローンヘッドセットを買う

わざわざVRのためにスマホを買い替えるなんてばからしいと思うなら液晶が搭載されているVRゴーグルを買っちゃえばいいんです。

詳しくはこちらです。

Lenovo Mirage SoloとOculus Goはどう違う?
2018年5月2日に発売されたスタンドアローン型ヘッドセットの『Oculus Go』に続き、5月11日に発売される『Lenovo Mirage Solo』。 Lenovo M...

まとめ

VR動画再生に必要なスマホスペックについて説明しましたが、ここに書いていることが全てではありません。

数値的なスペックは満たしていても再生できないことがありますし、逆に数値的には満たしていないのに再生できることもあります。

あくまでも参考値としてお考えください。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク