windows Mixed Reality専用ヘッドセット7機種を紹介!

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

VRゲームを楽しむためにハイスペックパソコンが必要なOculus RiftやHTC VIVEと違い、普通のパソコンでもVRゲームを楽しむことができるwindows Mixed Reality

windows Mixed Reality専用のHMDは色んなメーカーから発売されていましたが、現在では一部を除いて新品を入手するのは困難になっています。

そこで今回は現在入手可能なwindows Mixed Reality専用ヘッドセット7モデルを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

windows Mixed Reality対応ヘッドセット

1.HP Reverb G2 VR Headset

・解像度:片目 2160×2160(液晶パネル)
・視野角:114°(Windows Mixed Reality Ultra対応PCの場合)
・リフレッシュレート:60Hz/90Hz
・ヘッドフォンジャック付き
・本体質量: 約500g

2.富士通 windows Mixed Reality ヘッドセット

・解像度:片目 1440 x 1440(液晶パネル)
・視野角:105°
・リフレッシュレート:60Hz/90Hz
・ヘッドフォンジャック付き
・本体質量:約415g

3.ACER  windows Mixed Reality ヘッドセット

・解像度:片目 1440 x 1440(液晶パネル)
・視野角:105°
・リフレッシュレート:60Hz/90Hz
・ヘッドフォンジャック付き
・本体質量: 約440g

4. DELL windows Mixed Reality ヘッドセット

・解像度:片目 1440 x 1440(液晶パネル)
・視野角:105°
・リフレッシュレート:60Hz/90Hz
・ヘッドフォンジャック付き
・本体質量: 約590g

5. LENOVO  windows Mixed Reality ヘッドセット

・解像度:片目 1440 x 1440(液晶パネル)
・視野角:105°
・リフレッシュレート:60Hz/90Hz
・ヘッドフォンジャック付き
・本体質量: 約380g

スポンサーリンク

6.ASUS  windows Mixed Reality ヘッドセット

・解像度:片目 1440 x 1440(液晶パネル)
・視野角:105°
・リフレッシュレート:60Hz/90Hz
・ヘッドフォンジャック付き

7.Samsung Odyssey windows Mixed Reality ヘッドセット

・解像度:片目 1440 x 1600(有機EL)
・視野角:110°
・リフレッシュレート:60Hz/90Hz
・ヘッドフォンジャックとマイク付き

現在Samsung Odysseyは定価よりも大幅に高い値段で売られているので、購入はおすすめしません!

性能的に見てもHP Reverb G2 VR Headsetを買った方がいいでしょう。

◆関連記事

パソコンと専用HMDで本格的VR体験できるWindows Mixed Realityとは?

まとめ

さびしく思うのは、VRに関して日本の電機メーカーの影が薄いこと。

以前は最新テクノロジーといえば日本の電機メーカーが牽引してきたのに中国や韓国に完全に負けっぱなしなのが悔しい限りです。

ここらでいっぱつ日本人の技術力の高さをあらためて見せつけて世界を驚かせてほしいものです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事