Avast(アバスト)がアンインストールできない時の対処法

シェアする

Avast Free Antivirusというセキュリティソフトは無料のわりには優秀ということで有名ではありますが、インストールするとパソコンの動きが重くなるなど悪い評判もありますね。

他のフリーソフトをインストールしたら、頼んでもないのにおまけで一緒にインストールされてしまったということも結構あるようです。普通にアンインストールしようとしても

この状態で止まってしまい、うまくアンインストールができないことも多いようです。

どうやったらうまくアンインストールできるか検証してみて、やっと簡単な方法にたどりつきました。その方法を説明します。

スポンサーリンク

Avast Free Antivirusを完全削除する手順

IObit Uninstallerをインストール

まずはAvast Free Antivirusをアンインストールするためのソフトを導入します。先にIObit Uninstallerをインストールしておいてください。

avastclearを実行

次にavastclearをダウンロードしてそのまま実行します。

「はい」をクリック

「はい」をクリック

再起動されてこの画面になったらそのまま「Enter」キーを押す

「アンインストール」をクリック

普通にコントロールパネルからアンインストールした時と同じところで止まります。

ここでパソコンの強制終了はしないでください。

Ctrl+Alt+Delで「タスクマネジャー」を起動

Avast Antivirus Clearを選択して「タスクの終了」をクリック

Avast Antivirus Clearが終了したら再起動します。

この段階ではまだアンインストールはできていませんが動作は停止しているはずです。


赤い×マークが付いていれば停止しています。これで防御が解けました。

IObit Uninstallerで強制アンインストール

「コンピュータ」→「C:Windows」→「Program Files」→「AVAST Software」→「avast」

AVASTのオレンジ色のアイコンならどれでもいいので右クリック
→「強制アンインストール」

「アンインストール」をクリック

この削除画面が表示されればOK!

再起動をすればほとんどのファイルが削除されていますので、「AVAST Software」フォルダーを削除すればOKです。もし1回で削除できなかった場合は再起動してからもう一度「強制アンインストール」をかけましょう。

スポンサーリンク

スタートアップ登録の解除

アンインストールはこれでできますが、実はまだしぶとく潜んでいるんです。その潜伏場所は「スタートアップ」です。でも本体は削除されているので、起動することはありません。

念のため登録を解除しておきましょう。Windowsキー+Rで「ファイル名を指定して実行」に「msconfig」と入力して起動。

「スタートアップ」タブの「AvastUI.exe」のチェックをはずしましょう。

「OK」→再起動で終了です。

スタートアップ項目から削除

「スタートアップ」の登録からも消し去りたい場合はレジストリをいじることになるので自己判断でお願いします。Windowsキー+Rで「ファイル名を指定して実行」に「regedit」と入力して「レジストリエディタ」を起動。

「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「SharedTools」→「MSConfig」→「startupreg」の中にある「AvastUI」を削除すれば完了です。

お疲れさまでした!

スポンサーリンク

関連記事