AdwCleanerでアドウエアやポップアップ広告を検出&削除!

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

皆さんはいつの間にやらパソコン画面の下の方から広告がニョキっと顔を出すようになったり、わけの分からない警告がしつこく現れるようになったりした経験はありませんか?

またインターネットブラウザーを立ち上げたらいつもと違うホームページに行くようになったり(「Babylon Search」「Delta Search」「Hao123」などが有名)ブラウザーに見知らぬツールバーがいつの間にか追加されたりしてませんか?

実はこれらはアドウエアと言って、コンピューターウイルスとはまた違った、広告目的の迷惑なプログラムの仕業であることが多いってご存知ですか? 一時期に比べてかなり減ったことは減ったけどまだたま~に遭遇することがあります。

コンピューターウイルスはWindowsのプログラムを破壊したり、内部の情報を盗んだり漏洩させたりするものですが、アドウエアは「このパソコンはウイルス感染しています!今すぐに対処してください!」と煽ったり、男性が好きそうな画像を表示したりして広告のクリックを誘ってきます。

「クリックしなければ大丈夫だろう」と考えるかもしれませんが、放置していると個人情報を盗み取られる危険性もあるので、できるだけ早く削除した方がいいのは間違いありません。

そこで今回はアドウエアやポップアップ広告を簡単に削除してくれる【AdwCleaner】というフリーソフトの導入方法と使い方をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

AdwCleanerの導入方法

AdwCleanerのダウンロードはこちらから

「FREE DOWNLOAD」をクリックすると【AdwCleaner】のダウンロードが開始。インストールの必要はなく、ダウンロードした「adwcleaner_7.4.exe」ファイルをダブルクリック。

設定はデフォルトのままで大丈夫なので「今すぐスキャン」をクリック。

スキャンが完了。今回は何も検出されませんでした。

でも前回スキャンした時は64個も発見されてしまいました。これはバージョン違いのAdwCleanerの画面になりますが①に怪しいプログラムを表示→②「クリーン/選択した要素を削除」をクリック→Windowsの再起動という流れになります。

念のためもう一度スキャンすると更に3個の怪しいプログラムが検出されたので削除→再起動後にもう一度スキャン→「不要な要素が見つかりません!」と表示され無事に終了!

スポンサーリンク

AdwCleanerを使用してみた結果

AdwCleanerでアドウエアを削除した結果、けっこうGoogle Chromeの動きが軽くなりました。またCPUの使用率が下がり、冷却ファンの回転数が落ちて静かになりました。

発見されたもの全てが悪さをするわけではないでしょうが、さすがに64個もあればGoogle ChromeやWindows自体をの動きを重くしていた可能性は高いです。

ちなみに僕はノートン・インターネットセキュリティーを使っていますが、アドウエアはコンピューターウイルスと判定されないため自動削除はされません。広告の表示などは阻止するようです。

まとめ

アドウエアはコンピューターウイルスと違って大きな被害にあうことは無いだろうと思われがちですが、広告に騙されて価値のないソフトを購入させられたり、購入時に使うクレジットカード情報を盗み取られたりする危険性があります。

またブラウザーにツールバーを勝手に追加していくアドウエアもあるので、ブラウザーが使いにくくされてしまう可能性もあります。その中には個人情報を盗み取る物もあります。

インターネットのブラウザーが重くなったり違和感を感じたら一度AdwCleanerでWindowsをスキャンしてみることをおすすめします。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

コメント

  1. より:

    AdwCleanerのダウンロードをWindowsが停止していたのでできない