CPU冷却ファンの掃除をしてパソコンのぎこちない動作を改善!

シェアする

CPUクーラー

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

「最近、パソコンの動作がなんとなくぎこちなくなった。」ということはありませんか?

パソコンの動作が不安定になる原因は色々あって、その対策も原因ごとにそれぞれあります。

今回は、僕もやってしまったことがあるパソコン初心者にありがちなメンテナンス不足のひとつ、「CPU冷却ファンの目詰まり」についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

CPU冷却ファンの目詰まり

僕がパソコン初心者のころ、初めて買ったノートパソコンを使いたおしていた時のことです。

なんとなく動きがぎこちないな~と思っていたら、いきなり画面がブルースクリーンになってしまいキーボード操作など一切受け付けなくなってしまいました。

最初は「ウイルスにやられたか?」と思い、あせって電源ボタン長押しで強制終了。

再起動したらまともに起動→しばらくたつとまたブルースクリーンのくり返しでした。

「これはウイルスじゃないっぽいな」と思いよくよくパソコンを見てみたところ、冷却ファンの風の吹き出し口にホコリがわんさか!

「こ、これか~!」と思いさっそく分解してそうじしました。

掃除し終わってから起動したら普通に動くようになりました。

いわゆる「熱暴走」をおこしていたんですね。

熱暴走(ねつぼうそう)とは - コトバンク
ASCII.jpデジタル用語辞典 - 熱暴走の用語解説 - 高温が原因でパソコンが誤動作を起こすこと。パソコンでは、CPUなどの部品が動作中に高温を発するため、空冷ファンなどの冷却機構によって熱暴走を防いでいる。夏場にパソコンを使用していると、部品の発熱に冷却効果が対応しきれなくなって熱...

この赤丸部分にホコリがビッシリでした。

知らない間にホコリがたまっています。意外に見おとしがちです。

ほとんどのノートパソコンは掃除しやすいようにネジを2~3本外せば冷却ファンが丸見え状態にできます。

この状態でホコリを吹き飛ばしてもよいのですが、できればファン自体を取り外します。

ティッシュや綿棒を使ってこれぐらいキレイにしてあげましょう。

パソコン本体側も忘れずにおそうじしましょう。

特に冷却フィン(薄い銅の板が連なってる部分)のすきまもきれいにしましょう。

スポンサーリンク

デスクトップPCの場合、自作PCなら簡単に掃除ができますが、製品版の一体型デスクトップPCは分解してそうじするのは素人には難しいです。

無難にエアダスターで外側からホコリを吹き飛ばしてあげるのがいいでしょう。

もちろんノートパソコンでもエアダスターでの掃除は効果的です。

エアダスターはすぐに無くなるので3本組みがおすすめです。

ぜったいにやってはいけないのが、パソコン本体内側にフ~と息を吹きかけてホコリを吹き飛ばすことです!

ツバが飛んでパソコンが壊れます!!

これ、本当です。僕は1回やってしまいました。

ツバが1滴飛んだだけでショートしてしまい、電源も入らなくなってしまいました。

まとめ

CPUはかなりの熱を持ちますので効率的に冷やしてあげることが大切です。

特にノートパソコンは構造上、あまり大きなファンを組み込むことができません。

こまめなそうじが必須です。

布団などの上でよく使う場合は特に気を付けてください。

知らない間にホコリがたまってしまうとパソコンの命とも言えるCPUを壊してしまうことにもなりかねません。

エアダスターを使う方法、分解して掃除する方法のどちらでも構わないので定期的なメンテナンスを心がけましょう。

最近CPUファンの音がうるさくなったと感じる方はこちらを参考に部品交換をしてみては?

ノートPCのCPUファンから異音がしだしたので交換してみた!
僕はパソコン工房のネット通販で購入したiiyamaの15X7100-i7-REBというノートパソコンを使っています。 まだ3年ほどしか使用していませんが、最近になりCPUファ...

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事