パソコンの遅い動作速度を改善するためには定期的なデフラグが必要!

シェアする

パソコンはほとんどの場合ウインドウズのプログラムや他のソフトのプログラム等が同じハードディスク内に置かれています。

きちんと整理された状態で置かれていれば良いのですが、プログラムの更新やいらなくなったファイルの削除などを重ねていくとドンドン隙間ができたり、その隙間に新しいファイルを分けてして納めたりしていくことになります。これを断片化といいます。

スポンサーリンク

ハードディスク内ファイルの断片化

ハードディスク内のファイルが断片化すると、ソフトを立ち上げるたびにバラバラになったファイルをかき集めて来なくてはならなくなります。手間と時間がかかることになり、パソコンの動作がにぶくなることがあります。

ウインドウズのファイルがあっちこっちに飛んでいればウインドウズの立ち上げ自体に時間がかかることになります。バラバラになったファイルを種類ごとに集めて整理整頓することをデフラグといいます。

デフラグはWindowsに標準で備わっている機能か、ソフトを使って行います。

Windows標準デフラグツール

デフラグツールはウインドウズに標準で組み込まれています。

「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→

「管理ツール」内の「ハードドライブの最適化」と進みます。

このように断片化の割合が表示されます。0%ならバッチリですが10%以上ならすぐにデフラグをかけてあげましょう。

普通のハードディスクの場合は時間がかかるので、寝る前に仕込んであげるといいです。

フリーのデフラグソフト

標準のデフラグツールでも何の問題も無いのですが、無料のデフラグツールには独自の機能がついている物がありますので紹介します。

Defraggler ドライブ単位・フォルダ単位・ファイル単位でデフラグ可能。
スケジュールを組んでのデフラグも可能。CCleanerで有名なPiriform.com

UltraDefragUltraDefrag 断片ファイルのデフラグ・迅速に最適化・完全に最適化から選んでデフラグ。起動時にデフラグするブートタイムデフラグ機能。

Puran DefragPuran Defrag ファイル感のギャップを埋めて断片化を回避。
ブートタイムデフラグ機能。終了時にシャットダウンを選択可能。

一般的にデフラグは月に1回くらいかければよいとされています。

デフラグ中はハードディスクにアクセスしっぱなしになるので、ハードディスクにかかる負担も大きなものになります。頻繁にかけるのは止めた方がいいです。

最近はハードディスクの代わりにSSDに自分で交換したり、最初から付いているパソコンも増えてきました。

少し前まではSSDはデフラグは不要とかデフラグをかけること自体SSDに悪いと言われていましたが、それは誤解だったようで、今ではSSDも定期的なデフラグが必要だとされています。

ハードディスクもSDDも不要ファイルや残骸を消去して、スッキリした後でデフラグをかけて整理整頓してあげるのがメンテナンスの王道です。

めんどくさがらず最低でもひと月に1回はやってあげましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク