ブルーレイディスクをPCで作成するmultiAVCHDの導入方法

シェアする

お気に入りの動画をまとめてディスク化する場合、DVDなら無料ソフトを使って比較的簡単に作成できます。

でも、せっかくのHD画質映像をSD画質に落としたくはないですよね。

HD画質のままでディスク化するならブルーレイディスク化した方がいいです。

有料のものであればブルーレイディスク作成ソフトは色々とありますが、結構高いです。

でもご安心ください。無料ソフトのmultiAVCHDを使えば動画をまとめてHD画質でブルーレイディスク化することができます。

今回はmultiAVCHDの導入方法を説明します。

スポンサーリンク

パソコンがブルーレイディスクに対応しているか確認

ブルーレイディスクを作成するには、お持ちのパソコンの光学ドライブがブルーレイディスクの書き込みに対応していなくてはいけません。

光学ドライブのトレイにこのようなマークがあればブルーレイディスクに対応していることになります。

それ以外に、ImgBurnというフリーソフトによって確認する方法があります。

このソフトはド定番のディスク書き込みソフトで、ブルーレイディスクの書き込み時にも使うので先にインストールしておくといいです。

ダウンロードしたSetupImgBurn_2.5.8.0をダブルクリックしてインストールします。

「イメージファイルをディスクに書き込み」をクリック。

「ツール」→「ドライブ」→「性能」と進む。

BD-R等にチェックが入っていない場合はブルーレイディスクに対応していません。

このように「読み込み性能」と「書き込み性能」の両方でBD-R等にチェックが入っていればブルーレイディスクの書き込みにも対応しているということになります。

もし、パソコンの光学ドライブがブルーレイディスクに対応していなくても下記のような外付けBDドライブを使えばブルーレイディスク作成が可能です。

multiAVCHDの導入方法

実は、multiAVCHDは単体では使えません。

一緒に動画編集ソフトのAviSynthというソフトとコーデックソフトのK-Lite Codec Packのインストールが必要です。

したがって、multiAVCHD、AviSynth、K-Lite Codec Packの3つのソフトのインストールが必要です。

AviSynthの導入方法

AviSynthダウンロードページ←こちらへ行きます。

「Download」をクリックするとインストールファイルがダウンロードされます。
ダウンロードされたAviSynth_260をダブルクリックしてインストールします。

インストール途中でチェックを入れたりする必要はありませんので、そのまま「次へ」をクリックしていってかまいません。

K-Lite Codec Packの導入方法

K-Lite Codec Packダウンロードページ←こちらへ行きます。

「Mirror 1」をクリックするとインストールファイルがダウンロードされます。
K-Lite_Codec_Pack_1400_Megaをダブルクリックしてインストールします。

途中で設定項目がいくつか出てきますが、分かる方だけ設定して下さい。インストールした後でも設定変更はできますので、分からない方はそのままインストールしていただければ大丈夫です。

スポンサーリンク

multiAVCHDの導入方法

multiAVCHDダウンロードページ←こちらへ行きます。

「Download multiAVCHD 4.1.771」をクリックすると
インストールファイルがダウンロードされます。

ダウウンロードされた「multiAVCHD_4.1」をダブルクリックします。

「Next」をクリック。

「利用規約」を確認して、よければ「I agree」にチェックを入れ「Next」をクリック。

「Next」をクリック。

「Install」をクリック。

そのまま起動する場合は「Launch multiAVCHD」にチェックを入れたままにし、
チュートリアルを見たい場合は「Open multiAVCHD tutorial」にチェック
を入れたまま「OK」をクリック。

「OK」をクリックでインストール完了です。

起動すると、たまに寄付を募ることがありますので、余裕のある方は寄付してあげてください。

寄付しない場合は「×」をクリック。

今回は導入方法の説明までとなります。次回はmultiAVCHDの使い方を説明します。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク