透かし無しの無料DVD作成ソフトDVD Flickでディスク作成

シェアする

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

みなさんもテレビ放送やケーブルテレビのお気に入り番組をHDDやDVD、Blu-rayのディスクに保存することは普段からやっていらっしゃることと思います。

一方、ネット上にアップされている動画はそう簡単にはいきませんよね。

でも実はネット上の動画をダウンロードして、お気に入りの動画をまとめてDVD作成ができるソフトがあるんです。

ほとんどのソフトは基本的に有料で、試用版には会社名やロゴの透かしが入るようになっています。

ですが、今回紹介するソフトDVD Flickは無料なのに透かしなどは一切入りません!

使い方もいたって簡単です。

ということで、今回はDVD Flickを使った「お気に入り動画集のDVD作成方法」についてお伝えしたいと思います。

その前にお約束です!

著作権保護されていると分かっているコンテンツをダウンロードすることは法律で禁止されています。

またYouTubeは規約で動画のダウンロードを禁止しています。

スポンサーリンク

お気に入り動画集DVDの作成方法

1.用意するもの

①パソコン・・・動画をエンコードするのにけっこう負荷がかかり時間もかかるので、できれば高性能のパソコンがいいですね。

②動画ダウンロードソフト・・・今回は無料ソフトを使います。

②DVD作成ソフト・・・今回は無料ソフトを使います。

③書き込み用のDVD・・・50枚パックなどの録画用DVD-R(4.7GB)でいいです。

長時間再生したいならDVD-R DL(ダブルレイヤー=2層タイプ)を使います。

ただし、パソコンのDVDドライブが対応している必要あり。(ほとんどが対応しています)

DVD-RWであれば消してからまた書き込めるので、すぐに飽きる子供用にはよいかも。

2.DVDの作成手順

動画ダウンロードソフトのインストール

動画ダウンロードソフトは無料で優秀な物がいくつもありますが、今回はWinX YouTube Downloaderを使用します。

インストールができたらソフトを立ち上げてください。

動画のダウンロード

1.ダウンロードした動画を保存するフォルダーをデスクトップ上に作成しておきます。

画面上で右クリック→「新規作成」→「フォルダー」をクリックして作成します。

名前は「動画」にでもしておきましょう。

2.ダウンロードしたい動画のURLを右クリックでコピーします。

3.WinX  Downloaderの①「参照」をクリック

「デスクトップ」→1で作った「動画」フォルダーを選択します。

4.②の「クリックすると動画共有サイトのURLが追加できます」をクリック。

5.「貼り付け&分析」をクリックすると、
さっきコピーした動画のURLが貼りついて分析がはじまります。

6.分析が終わると動画サイズの選択画面が出てきますので、
必要なサイズのところにチェックを入れ→「OK」をクリック。

カーナビで再生する場合は640×480位でよいでしょう。

テレビで観たいなら一番大きなサイズを選択します。
(大きいサイズほど時間がかかります。)

7.「ダウンロード」をクリックすればダウンロードを開始します。

1.で作成した「動画」フォルダーに入りました。

同じ手順でお気に入り動画を沢山ダウンロードしておきます。

スポンサーリンク

DVD作成ソフトのインストール

今回は無料のDVD作成ソフト・DVD Flickを使います。

日本語バージョンのダウンロードはこちらから。

DVDの作成

1.DVDドライブに空のDVD-Rをセットします。

2.作成されたDVDファイルの保存先フォルダーをデスクトップ上に作成しておきます。

作り方は上の「動画のダウンロード」の1.と同じです。

名前は「dvd」など半角英数にしてください。日本語は使えないようです。

3.DVD Flickを立ち上げます。

4.ダウンロードした動画を再生したい順番にドラッグ&ドロップで落とし込みます。

5.①をクリックして2.で作成した「dvd」フォルダーを指定します。

6.②の「プロジェクト設定」をクリックして「一般設定」を選択。

「タイトル」には好きなタイトルをつけてください。

「ターゲットサイズ」
①:普通のDVD-RならDVD(4.3GB)
②:2層式のDVD-R DLならDVD DL(7.9GB)
③:書き換え式のDVD-RWならDVD(4.3GB)を選択

「エンコード優先順位」は通常はNormalでOK!
「ビデオ設定」と「オーディオ設定」はデフォルトのままでOK!

「再生設定」でDVDの動画の再生のしかたを設定します。
通常は「Play the next title」でいいです。
要するに普通に最初から最後まで順番に再生するということですね。

「書込設定」です。

・「プロジェクトをディスクに書き込む」にチェックを入れておけば書き込みまで一気に終わります

・「書き込み速度」は書き込むディスクに「16倍速対応」とか書かれていますので、書かれている倍速以下に設定します

もし書き込みに失敗するようなら4×などの低い倍速にします。

・ディスクに書き込む前に書き込む内容がキチンと出来上がっているか確認したい場合は「プロジェクトをディスクに書き込む」のチェックははずします。

「ISOイメージを作成する」にチェックを入れておけば、ディスクに書き込む前にISO再生対応動画プレイヤーでちゃんとできているか確認することができます。

きちんと内容ができあがっているか確認できたらDVD-Rに書き込みます。

「ImgBurn」をクリックします。

「イメージファイルをディスクに書き込む」をクリックします。

フォルダーアイコンをクリックします。

2.で作成したフォルダー内のISOファイルを選択して「開く」をクリックします。

書き込みボタンをクリックすれば書き込みが始まります。

10分もあれば書き込みは完了します。

まとめ

いかがでしょうか?けっこう簡単そうでしょ?

慣れればセットは素早くできるようになります。

尚、エンコードから書き込みまではかなりの時間がかかります(パソコンのスペックによる)ので、寝る前にISO作成まで仕込んでおくとようでしょう。

次の日に書き込み前のチェックをしてから書き込むのがいいと思います。

ブルーレイディスクの作成方法についてはこちらです。

ブルーレイディスクをPCで作成するmultiAVCHDの導入方法
お気に入りの動画をまとめてディスク化する場合、DVDなら無料ソフトを使って比較的簡単に作成できます。 でも、せっかくのHD画質映像をSD画質に落としたくはないですよね。 H...
動画をまとめてブルーレイディスク化!multiAVCHDの使い方
前回はパソコンでブルーレイディスク作成ソフト「multiAVCHD」の導入方法について説明しました。今回は実際にネットからダウンロードした動画をmultiAVCHD...

最後に動画やDVD、Blu-rayを総合的にオーサリングできるおすすめのソフトを紹介します!

30日間の無料お試し期間あり!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. おかげさまであっという間にできました。
    ありがとうございます!