N-BOXのターボ車とノンターボ車を乗り比べてみて判明した事実!

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

僕が普段乗っているのはN-BOXカスタムターボですが、この度初めてノンターボ車に乗る機会を得ることができました。

当然値段が高いカスタムターボの方が全てにおいて優れているものと思っていたけど、意外にもノンターボ車の方が優れているんじゃないかと思う点がいくつかありました。

ということで今回はN-BOXカスタムターボとタイプGノンターボの内外装の違いや運転フィールの違いをお伝えしたいと思います。

N-BOXのターボとノンターボのどっちを購入しようか迷っていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

N-BOXカスタムターボとタイプGノンターボ車を比較

1.外観

フロントマスクを見てみるとタイプGがかわいい感じで女性ウケしそう。一方のカスタムは精悍な顔つきで男性ウケしそうだと感じるのは僕だけだろうか。

N-BOXカスタムで特徴的なのが「シーケンシャルターンシグナル」(流れるウインカー)

これは個人的には軽自動車に搭載しても無理やり高級感を出しているようにしか感じない。

なぜなら、普通車に比べてウインカーの幅が狭く、わずか5灯のLEDが流れるだけなのであまりカッコ良く見えないから。大きな車で10灯くらいのLEDが流れるならカッコ良くて高級感を感じるけど….。

横から見たところに違いはほとんど無いけど、タイプGの14インチホイールキャップよりカスタムのブラック塗装&切削の15インチアルミホイールの方が断然カッコ良い!

N-BOXカスタムで僕が一番気に入ってるのはリアのデザイン。

特に大型のルーフスポイラーとフルLEDのコンビネーションランプがお気に入り。だけど、どうせならリアも流れるウインカーにして欲しかった。

2.ヘッドライト

左がタイプGで右がカスタム。ヘッドランプはどっちもフルLEDとなっていてタイプGがプロジェクター式、カスタムはマルチリフレクター式9灯となっている。

ヘッドライトの明るさに大差は無いけど、カスタムの9灯LEDの方が道路を均一に照らす感じがする上、LEDフォグランプのおかげで手前側がより明るいですね。

3.内装

上がタイプGで下がカスタム。写真では分かりにくいけどカスタムはスピードメーターのパネルやシフトパネルなどにクロームメッキ加飾されてるので高級感があります。

内装は運転していても常に視界に入ってくる物なので質感は大事。

左がタイプGで右がカスタムのドアオーナメントパネル。タイプGはいかにもプラスチックという感じだけど、カスタムはクロームメッキ処理のツイーターが組み込まれていることもあり、質感は完全に上。

上がタイプGで下がカスタム。エアコンはどちらもフルオートだけどカスタムにはプラズマクラスター技術が搭載されているので空気清浄や脱臭効果に期待できます。

実際にタバコの臭いを軽減してくれるようです。

スポンサーリンク

4.走り

ターボの有無で走りが全く違ってくるのは当たり前だけど、N-BOXの場合想像していたものとはちょっと違いました。

 タイプGカスタムターボ
最高出力(PS/rpm)58/7,30064/6,000
最大トルク(kgf・m/rpm)6.6/4,80010.6/2,600

数値で見ると最大トルクに結構な差があるけど、一般道を普通に走っているだけならそこまで走りの差を感じることができませんでした。

これはちょっと意外、というかさすがホンダのお家芸V-TECエンジン!

ただし、急な上り坂や中速域からの加速ではターボエンジンの優位性をハッキリと感じるので、坂道が多い地域に住んでいたり高速道路をよく使う人にはターボモデルが断然おすすめ。

4.静粛性と乗り心地

一番意外だったのが静粛性と乗り心地です。乗り心地の良さはタイプGの方が上だと感じました。

おそらくこれはタイプGの方がタイヤに厚みがあるからだと思います。

タイヤに厚みがあるとその分タイヤ内の空気が多くなるからクッション性が良くなるためでしょう。ロードノイズに関しても同じ理由でタイプGの方が若干小さく感じました。

室内に入り込むエンジン音に大差はないけど面白いことに気付きました。

それはタイプGは主にCVTのキューンという音が聞こえてくるのに対し、カスタムターボは水平対向エンジンのようなドゥルルルという感じのエンジン音が主に聞こえてくるという点。

HONDAはドライバーに聞こえるエンジン音にも拘っていると前に雑誌で見た記憶がありますが、これがそういうことなのかな?

まとめ

他のメーカーの同様の車種と乗り比べたわけではないけど、N-BOXはターボ付きでも無しでも素晴らしく良くできた軽自動車であることが分かりました。

軽自動車としては値段が高いと言われていますが、値段に見合うだけの性能は十分に備えていると感じた。

またタイプGのFF車なら本体価格は1385,640円なので決して高くはないと思います。

僕がN-BOXカスタムターボに乗り始めて1年と3か月。値段が高かったからと後悔することは無く、乗る度に満足感は増すばかり。

それでは、くれぐれも安全運転で楽しいN-BOXライフを! 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事