新型N-BOXカスタムターボは高速道路でも優秀な走りをみせるのか?

シェアする

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

ある日、N-BOXで福岡~大分間の135㎞を高速道路を使って夜間走行することになりました。

よりによって当日は雨が激しく、風もかなり強く吹いていました。

トールワゴンのN-BOXにはかなり厳しい状況ですが、こういう状況だからこそ分かることもあるだろうと思い気合を入れて出発しました。

晴天時とはまた違ったものにはなりますが高速道路を走ったときの乗り心地や加速性能、静粛性などについて一般道走行時と比較しながらレビューをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

N-BOXカスタムターボ ~雨の高速道を走ってみて~

1.加速性能

N-BOXカスタムターボは軽自動車とはいえ、ターボ付きなんですから加速感には期待しちゃいますよね。

まず、本線に合流する時は全くストレスのない加速で合流が可能です。あっという間に時速80キロまで到達します。

その後も色々な状態から加速を試してみましたが、どのような場面でも共通して言えるのがエンジン回転数を上げすぎるとダメだということです。

思い切り加速したいと思ってパドルシフトで疑似シフトダウンして4500rpmあたりまで回転数を上げても、ターボがかかっている時ほどの加速感はありません。

N-BOXの場合は2600rpmで最大トルクを発生するので、やはり加速感が強いのは2500~4500rpmあたりです。

ただ、4500回転以上は回らないというわけではなく、ホンダのツインカムエンジンらしくよく回り、エンジン音もレーシーになりますが車速はジワジワと伸びていく感じになります。

乗っていくうちにもっと回るようになるでしょうが大きく変わるものではりません。

下の写真を見てわかるように時速90キロでエンジン回転数は2500回転ほどです。

このあたりから追い越し加速をしたい場合はパドルシフトを使わずにシフトをSモードにして加速した方がスムーズに追い越しできます。

N-BOXに付いているパドルシフトは加速するための物ではなく、長い下り坂でエンジンブレーキをきかせるための物と考えた方がシックリきます。

2.静粛性

静粛性に関しては一般道を走った時とくらべて大きく印象が変わることはありません。

90~100㎞/hくらいで走行するのであればエンジン音がうるさくなることはありませんし、ロードノイズや風切り音もまったく気になりません。

音楽を楽しみながら快適なクルージングを楽しむことができます。

3.乗り心地

乗り心地についても静粛性と同様、一般道を走った時と印象が変わることはありませんでした。

道路の継ぎ目をこえる時も突き上げ感はほとんど無しです。

きわめて快適です。

当日は風が強かったので多少あおられることはありましたが、トールワゴンの割にあおられ方は小さいものでした。

横を大型トラックが追い越していく時もほとんど煽りをうけませんでした。

この、あおられ感の小ささは意外でした。

スポンサーリンク

4.燃費

燃費は一般道走行時で20km/リッターでしたが、高速走行では15km/リッターしかいきませんでした。

フル加速を何度も試したりしたのでしょうがない結果だと思います。

まとめ

一般道走行時と高速道路走行時で大きく印象が変わるようなことはありませんでした。

唯一、市街地走行時の加速感に比べて、高速域(時速100キロ以上)での加速に関しては思ったほどの伸びを感じることができませんでした。

やはり、N-BOXのターボは速く走るためのものではなく、燃費向上のために搭載されていることがよ~くわかりました。

内装やサスペンションの味付けなどからも分かるように、N-BOXカスタムターボにスポーティーさをあまり求めてはいけません。

ターボによる余裕ある走り+質感の高いインテリアに包まれてゆったり乗る高級軽自動車なんです。

運転するのが楽しくなる車であることは間違いありません。

また、高速道路を走るときには「アダプティブ・クルーズコントロール」などのホンダ・センシングがおおいに役立ってくれます。

オートライトのオート・ハイビームなどの機能も手伝って、ドライバーがやるべきことが格段に減ります。やることといえばハンドルに手を置いて少し動かす程度かな?

長距離を走る際の疲れを軽減してくれるのは間違いありません。

詳しくはこちらでお伝えしています。

新型N-BOXのホンダ・センシングを色々と試してみた結果!?
前回はHONDA SENSINGがどの程度役に立つのか検証した結果をお伝えしようと思ったのですが、危なくて試すことができない機能もあり、その機能の紹介と説明だけさせていただきま...

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事