パソコンなしで本格的VRゲームができるスタンドアローンヘッドセット

スポンサーリンク

画像引用元:Oculus公式HP

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

スマホで楽しむVRは手軽にVR動画を視聴することができるけど本格的VRゲームをすることはできない。

HTC ViveやOculus Riftのような本格的VR装置はゲームも楽しむことができ没入間も高いけど配線がからみついて動き回りにくかったり高価な機材をそろえる必要があるのがネック。

どちらにも一長一短あります。

そこで各メーカーが次に提案してきているのが両方の良い所取りで価格の手ごろなスタンドアロン型のVRゴーグルです。スタンドアロン型VRゴーグルはパソコン等の外部器械に頼らずに単体で楽しむことが可能。

もうすでに数モデルが発売されているので、主だったところを紹介したいと思います。おそらくこれからのVRゴーグルの主流になると思われるので要チェック!!

スポンサーリンク

 Oculus Go

Oculus Goの公式HPでの販売は終了しました。

・ディスプレイは解像度2560 x 1440の高速書き換え液晶

ディスプレイもCPUもバッテリーも内蔵されているので、完全に単体で楽しむことが可能。また空間音響スピーカーが組み込まれており、ヘッドフォンジャックも搭載。

ただし、ポジショントラッキング機能はついてないのでOculus Riftのように本格的なVRゲームができるモデルではありません。GalaxyのGear VRのスマホ不要バージョンのような機種となります。

Gear VRのコンテンツがそのまま対応しているので、購入してすぐに楽しむことができます。

没入感という点ではスマホ&VRゴーグルと大差ないことになりますが、単体でVR動画やVRゲームを楽しむことができるのに23,800円という低価格に抑えている点は非常に評価できます。

「VR体験したいけど、わざわざスマホを買い替えるのはちょっと。」という方々におすすめのモデル。

手軽にVRを楽しむという点で、今もっともおすすめできるHMDです。

スポンサーリンク

Lenovo Mirage Solo

Oculus Goより高性能なプロセッサを搭載していて、VRコンテンツをより快適に楽しむことができる仕様となっています。

価格はOculus Goの倍ほどしますが、モーショントラッキング搭載により頭の動きだけでなく体の動き(前後、横、上下移動)をアプリに反映させることが可能。

つまり、Oculus Goよりも本格的なVRゲームに対応していて、よりVRの世界に没入できるということですね。

HTC LINK

 
・auとsoftbankショップでHTC U11スマートフォンとセット販売されています。
・単体はこちらから32180円で購入できます。

LINK 製品スペック
ヘッドマウンドディスプレイサイズ約197.69mm(幅) x 116.61mm(高さ) x 167.33 mm(奥行)
ヘッドマウントディスプレイ重量560g *USB(Type-C)Yケーブル含む
視野角約110度
ヘッドマウントディスプレイ搭載バッテリー約2,800mAh
ディスプレイ約3.6インチ アモレッド X 2
(各1080 x 1200 ピクセル、 90Hz リフレッシュレート)
外部接続USB(Type-C) Yケーブル、3.5mm オーディオジャック
同梱品ステレオカメラ1台
6DoFコントローラ2台
HMD用LEDマーカー1台
コントローラ用ストラップ2本
アルカリ単4電池4本
イヤホン1台
対応機種HTC U11

HTCのフラッグシップスマートフォンHTC U11を接続して使うタイプのVRデバイス。スマホVRと違って、スマホをはめ込んで使うわけではありません。

接続したスマホはポケットにでも入れて、U11自体に組み込まれているディスプレイでVR体験が可能。

コードが邪魔になることなく3m×2.5mの空間の中を動きまわれる仕様で、没入感はスマホ&VRゴーグルよりは高いものとなります。

コンテンツはHTCのVRコンテンツ配信プラットフォーム「Viveport M」からダウンロード可能。

Oculus Santa Cruz

Oculus Santa Cruzについてはまだ開発中であり、発売予定は2019年春頃とされています。Oculus GoやLenovo Mirage Soloと同じくバッテリーやプロセッサーはゴーグルに内蔵されていて、完全に単体での使用が可能。

Oculus GoやLenovo Mirage Soloとの違いはディスプレイに有機ELを使用していること。

また、コントローラーから発せられる赤外線とゴーグルに組み込まれた数個のカメラにより位置を推定するインサイド・アウトトラッキングとなっているところはLenovo Mirage Soloと同じです。

価格などの詳細はいっさい発表されていないのですが、Lenovo Mirage Soloが48,660円なので39,800円くらいで発売されれば大ヒットするでしょうね。

詳細が分かり次第記事を追加していきたいと思います。

<追記>


Oculus Santa CruzはOculus Questとして2019年に発売が開始されました。詳しくは「パソコン無しで本格VRゲーム!Oculus Questが遂に発売!」でお伝えしています。

まとめ

僕は今のところスマホ用VRゴーグルしか持っていません。ゴーグルにスマホをセットしたり、動画を検索するのが面倒なのでOculus Goの購入を考えています。

ただ、ディスプレイが今使っているスマホと同じ液晶パネルで解像度も変わらないので、まだ購入するつもりはありません。

価格が19,800円くらいに下がるか、有機ELパネルモデルが同じ価格で登場したら買おっかな~と思っています。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事