液晶TVの音を聞きとり易く&迫力アップ!おすすめのサウンドバー3選!

スポンサーリンク

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

最近の薄型テレビは本当に音声が聞き取りにくいし、低音が出ませんよね~!

よほどサウンドに力を入れている高級テレビでないかぎり、使われているスピーカーは安物ですから「迫力ある音」とはほど遠い~。

(2ピース/ロット) 8オーム10ワット613テレビスピーカー内部磁気W6CMxL13CM(China)

使われているのはこんなスピーカーで、2個400円くらいのもの。

しかもあろうことかコンパクト設計を優先するためにスピーカーが下向きや後ろ向きに配置されているからセリフも聞き取りづらい。

僕が使っているSONYの液晶テレビもスピーカーが下向きに付いて音のショボさに我慢できずに購入したのがPanasonicのテレビ用2.1chサウンドバー!

サブウーファーには16CMスピーカーユニットを使用していて、低音がズンズン響きます。

バータイプのフロントスピーカーは真ん中からセパレートすることができ、テレビの両側に設置可能。

音声がハッキリと聞き取れるようになったのはもちろんのこと、「このCM、実はこんなに重低音が出ていたんだ!?」と今まで聞き取れなかった音までしっかり聞き取れるようになりました。

同じ作品を観るにしてもサウンドが良くなれば臨場感が増すので、テレビや映画を観るのが一段と楽しくなります!

みなさんにもぜひこの感動を味わっていただきたいので、おすすめのテレビ用2.1chサウンドバーを紹介します。

スポンサーリンク

おすすめのテレビ用サウンドバー

<おすすめポイント>
・独自の「フェイズコントロール」機能により低域から高域までバランスのよい再生音と豊かな音場を実現
最新規格に対応したHDMI入力端子と拡張性の高い4K映像対応
・スマートフォンの音楽をワイヤレス再生できるBluetoothに対応
ロスレスサウンドの“ドルビーTrueHD”や“DTS-HD”など多彩なフォーマットに対応
フロント以外にもななめ後方や画面の奥行き方向も感じる、立体的音場のバーチャル3Dサウンド

<おすすめポイント>
・高効率、ハイパワーを両立したClass Dアンプ採用
・最新のサラウンドフォーマットDolby Atmos、DTS:Xにアップデート対応
・付属の測定用マイクで自動スピーカー設定可能なAccuEQ搭載
・80KHzまで再生可能なハイクオリティコンパクトスピーカー
・AERO ACOUSTIC DRIVE採用で力強い重低音再生を実現するサブウーファー。
・HDMI端子入力4/出力1系統装備(HDCP2.2準拠)
・5.1CHに拡張可能

<おすすめポイント>
・Bluetooth対応でスマートフォンなどを利用しワイヤレスで音楽を楽しめる
臨場感はそのままにセリフもしっかり聴ける「明瞭ボイス」
・ツイーターと中域ユニットを搭載「2WAYスピーカー」
・奥行き感ある音を実現した「3Dサラウンド」
・不要な低音振動を打ち消しあう「振動キラー」の効果で、クリアな重低音を実現

スポンサーリンク

まとめ

以前僕はDENONの本格的な5.1chのホームシアターシステムで映画鑑賞するのが楽しみでした。ライヴ映像のブルーレイを大音量で流すと、音が部屋中をかけまわって凄い迫力!

普通のテレビに付いているスピーカーでは絶対に出せないサウンドで、感動がまったく違ったものになります。

そんな本格的なシステムでなくても、充分に迫力の臨場感を味わうことができるのが今回紹介した2.1chサウンドバーです。

動画配信サービスの映画を観るにしてもサウンドバーがあるのと無いのとでは段違い!サウンドバーを活かすならこちらの動画配信サービスをチェック!

dTVは月額が一番安くてスマホにダウンロードもできる!
こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。dTVは月額500円で映画・ドラマ・アニメ・音楽など12万作品を楽しむことができるとあって数ある...
海外ドラマをできるだけ早くみたいなら動画配信サービスのHulu!
こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。Huluは海外ドラマに強く配信も早いのでウオーキングデッドやハンドメイズテイル、マジシャンズなど...

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事