Oculus Riftは今買ったほうがいいのか?

スポンサーリンク

オキュラス・リフト

こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。

2019年5月追記


Oculus Riftは販売中止となりました。後継機種はOculus Rift Sです。

よってこれより先の記事は過去の物となりますので参考程度にお読みいただくようお願いいたします。

PlayStation VR ・ Oculus Rift ・ HTC ViveはVR HDM(ヘッドマウントディスプレイ)の3本命と言わています。

その中でもOculus RiftはPlayStation VRより価格は高いけどその分没入感が高く、より本格的なVR体験をすることが可能。

ではOculus Riftは価格に見合った性能であり今買うべき商品なのでしょうか?

僕の答えは「NO」です。

なぜそう思うのか?理由はいくつかあります。

*参考のためにアマゾンと楽天、Yahoo!のリンクを貼っています。

Oculus Riftは正規代理店かOculus のHPから購入しないと保障を受けることができないのでご注意ください!(コンテンツはOculus StoreSteamで購入します。)

スポンサーリンク

Oculus Riftは今は買わない方がいいと思う理由

1.ゲームを楽しむために最低限必要な物が高すぎる

①Rift本体(公式HPにおいてRift + Touchが45,000円)・2019年1月28日現在
②ハイスペックパソコン(150,000円前後)

必要なパソコンスペック

実はこの再生するパソコンに求められるスペックが問題なんです。結構ハイスペックなパソコンが必要になります。

 最小パソコンスペック推奨パソコンスペック
グラフィック
カード
NVIDIA GTX 1050TiAMD Radeon
RX 470以上
NVIDIA
GTX 1060

AMD Radeon
RX 480以上

代替グラフィックカードNVIDIA GTX 960AMD Radeon
R9 290以上
NVIDIA
GTX 970 
AMD Radeon
R9 290以上
CPUIntel i3-6100AMD Ryzen 3 1200、FX4350
以上
Intel i5-4590

AMD Ryzen 5 1500X以上

メモリ8GB以上のRAM8GB以上のRAM 
ビデオ出力HDMI 1.3互換ビデオ出力HDMI 1.3互換ビデオ出力
USBポートUSB 3.0ポートx1、
USB 2.0ポートx2
USB 3.0ポートx3、
USB 2.0ポートx1
OSWindows 8.1以降Windows 7 SP1 64ビット以降
 
 
スコアで見た場合、どれくらいのスペックのCPUが必要かIntelのCPUで確認してみると
 
     
最小スペックで5485 / 推奨スペックで7240
 

CPUにはそこまで高いスペックは要求されませんが問題はGPU

     

GeForceでみてみると最小スペックが5800で、推奨スペックが8556

これはもうトップクラスのGPUになるので、必然的にハイスペックのゲーミングパソコンが必要ということになります。

Oculus RiftやHTC Viveを存分に楽しみたいのであればCPUとGPUの両方でスペックを満たしている必要があります。どちらか片方だけが対応していれば大丈夫というわけではないので勘違いしないで下さいね。

ご自分のパソコンがOculus Riftを動かせるだけのスペックを備えているのかこちらで確認できます。

Oculus Rift | Oculus
Oculus Rift is a virtual reality system that fully immerses you. Complete with touch controllers and two sensors for the ultimate VR experience. Learn more now.

(一番下の方にツールのダウンロードボタンがあります。)

また、ご自分のパソコンのCPUとGPUの単体性能を確認したい方はこちら。

PassMark Software - Video Card (GPU) Benchmark Charts
Video Card Benchmarks - Over 1 Million Video Cards and 1200 Models Benchmarked and compared graphically - Updated with new system benchmarks daily!

スポンサーリンク

2.サポート体制が最悪

アマゾンの購入者レビューをみていただければ分かりますが、初期不良の場合であっても日本のメーカーのようにすぐに対応はしてくれないようです。

というか、こちらの言い分を中々受け付けてもらえない?

修理もできないうえに、部品の販売も一切していないことから、運悪く初期不良品にあたったときはほぼ5,0000円をドブに捨てることになります。

Oculusから直接購入しないと保障を受けることができないうえ、サポート体制にも問題があるメーカーの商品なんて怖くて買えないです。

まとめ

VRを体験するのに魅力的なモデルであり、問題無く機能すれば今までに経験したことがない世界を楽しめるのは間違いないでしょう。

ですが、パソコンの性能が追いつかないので購入しても使えないという方が大多数なのではないかと思います。

そのうえ、サポート体制が悪いとなると購入するのに躊躇してしまいます。

ハイスペックパソコンが無くても使えるモデルが発売され、サポート体制が改善されるのを待った方がいいでしょう。

今おすすめなのはwindows Mixed Realityやスタンドアローンタイプのヘッドセットです。

windows Mixed Realityについてはこちらで紹介しています。

PCで簡単VR!Windows Mixed Realityとは?
(画像引用元:マイクロソフト) こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。 みなさんはWindows10搭載のパソコンで本格的なVR体験ができ...

スタンドアローンヘッドセットについてはこちらで紹介しています。

Oculus GoとLenovo Mirage Soloの違いは何?
こんにちは!器械いじりや最新テクノロジーが大好きなkensirouです。 2018年5月に発売されたスタンドアローン型ヘッドセットの『Oculus Go』の後を追うように...

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事